ヨギボーの補充ビーズはどのサイズがおすすめ?補充の仕方、目安、量や価格を徹底解説!

スポンサーリンク




「人をダメにするソファ」でおなじみの人気ビーズクッション「Yogibo(ヨギボー)」

そんなヨギボーでも使っていくうちにビーズがへたってきます。

ただ、ヨギボーがそれでもよく売れているのは、別売りの補充ビーズをヨギボーに補充する事で再び新品同様に使い続けられるところにあるでしょう。

 

というわけで、ヨギボーから発売されている補充ビーズを取り上げながら、

「補充用ビーズの大きさ、価格は?」

「どんな風に購入するのがおすすめなのか?」

「どうやって補充するのか?」

など補充用ビーズにまつわる疑問を解説していきたいと思います。

 

同時購入がおすすめ、ヨギボーサポートの魔力!口コミで授乳用クッションとしても話題!

ヨギボーミニの快適な使い方は?プレゼントにも最適!値下げでさらに注目度アップ中!

 

補充ビーズの大きさ、価格は?

まずは現在発売されているヨギボの補充ビーズのサイズと価格をみてみましょう。

補充ビーズの価格

補充ビーズ
750g 2,500円
1500g 4,800円
3000g 8,900円

(2019年3月時点)

ヨギボーで販売されている補充ビーズは750g、1500g、3000gの3サイズです。

値段が上がるほど割安になっている事がわかって頂けるかと思います。

 

おすすめサイズは3000g!

ヨギボーのビーズのへたりのスピードは口コミなどを読んでみると、大体半年から1年半くらいで補充を検討する人が多いようです。

ちなみに私がヨギボーストアでお話しした店員さんは1年半〜2年って言ってましたので、やはり使用する環境や使い方でへたりのスピードに個人差が出てくるのでしょう。

期間は個人差がありますがへたってしまったら補充しないとヨギボーの良さが損なわれてしまいます。

 

ではどのサイズを購入するのが一番おすすめなのか?

 

公式によると、ヨギボーで1番人気であるヨギボーマックスの1回の補充で使用するビーズのグラム数はおよそ1000gなんだそうです。

一番売れているのは1500gのようですが、今後も補充する事を考えると1000g使って500gだけ微妙に余るのはもったいないですよね?

ですから、マックスでも、マックスより小さいヨギボーに関しても、今後長く使用していくのであれば、あらかじめ3000gを購入しておいた方が、残りはストックしておけるので買い直しの送料やサイズが大きくなるほど割安な事を考えるとお得と言えるでしょう。

 

保管は暗所で

補充ビーズは直射日光にあたってしまうと痛んだり溶けたりする恐れがあるので、保管する際は日のあたらない暗所に置くようにしましょう。

 

ヨギボー公式サイトでの補充ビーズの購入はこちらから

 

より「へたり」「蒸れ」に強いビーズもあり

ヨギボープレミアムというヨギボーでも最もお値段が高いシリーズで採用されているビーズは従来の発砲ビーズではなくメフ®ビーズが採用されており、このビーズは通常のヨギボーで使われている発砲ビーズよりも圧縮に強く、熱伝導率が良いのが特徴です。

つまりよりへたりにくく、蒸れにくいビーズを採用たのがこのプレミアムシリーズなのですが、

実はこのメフ®ビーズ、補充ビーズとして購入して通常のヨギボーで使用する事も可能なんです。

つまり通常の補充ビーズじゃすぐにへたってしまうという人はこちらのメフ®ビーズの方が補充までの期間が長くなるというわけです。

 

通常のヨギボーのビーズだとへたりが早いと感じている人は、補充の際にこちらのメフ®ビーズに切り替えてみてはいかがでしょうか?

 

補充メフ®ビーズの価格

補充ビーズ
750g 4,200円
1500g 7,800円
3000g 14,800円

(2019年3月時点)

補充ビーズのサイズは通常のヨギボーのビーズと同じ750g、1500g、3000gの3つ。

お値段は通常のビーズよりも高くなってしまいますが、長く使えるので結果的にコストカットにもなるでしょう。(へたるまでの期間は環境により個人差があります)

 

プレミアムシリーズについて詳しくはへたりに強い!熱がこもらない!ヨギボーの欠点を克服したプレミアムシリーズが発売!の記事を参考にしてみてください。

 

※ちなみにプレミアムシリーズ製品と通常商品の同時注文は行なっていないそうなので注意しましょう。

 

補充用メフ®ビーズの購入はこちらから

 

ヨギボーのビーズの補充方法

ビーズの補充方法につきましてはヨギボーの公式YOUTUBEチャンネルから補充法を解説した動画が公開されていますのでそちらを参考にするとわかりやすいかと思います。

 

Yogibo 補充ビーズ
Yogibo Japan

動画で説明している重要なポイントはこんな感じ

  1. 補充は二人以上で行なおう!
  2. 補充ビーズに添付されている専用メガホンを組み立てよう!
  3. カバーから取り出して、ジッパーのある側を上にして軽く持ち上げよう!(ビーズを補充する空きスペースをつくるため)
  4. インナーのジッパーを少しだけ開けよう(子供が間違って空けないようにクリップや安全ピンを使って空けられるようになっているジッパーです)
  5. メガホンの細い方をインナーに差し込もう!
  6. 一人がメガホンをおさえて、もう一人がビーズを流し込もう!(ビーズがこぼれないようにゆっくり静かに)

 

ビーズをこぼして大惨事なんてことにならないように補充は二人以上で行なうようにしましょう。

補充する際に取り外したカバーはこのタイミングで洗濯しておくと伸縮性が戻った状態で使えるのでおすすめです。

カバーの洗濯だけで座り心地を取り戻す事もあるのでビーズの購入前に試してみるのも良いでしょう。

メガホンは再び使用するでしょうから捨てないように注意。

 

補充ビーズの量は入れ過ぎに注意、インナーにパンパンにするとヨギボーが硬くなりすぎてしまいます。

また、公式ではマックスなどの補充量はおよそ1000gと説明されていますが、補充するビーズの量はお使いの環境や期間などにより個人差が出ますので自分好みの感触を確かめながら補充するのがコツです。

 

 

自分で補充するのが億劫な場合はプロが代わりにヨギボーのお手入れをしてくれるリペアサービスもありますので利用してみても良いでしょう。

 

補充ビーズを購入するなら

補充ビーズを購入するなら基本的にはヨギボーの公式サイトがおすすめ。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでポイントを貯めているのであればそちらで購入しても良いでしょう。

 

 

まとめ

というわけでヨギボーの補充ビーズについて取り上げさせて頂きました。

ビーズソファは数あれどヨギボーのように補充する事で何回も使い続けられる商品は非常に少ないことがヨギボー人気が衰えない理由の一つでもあるでしょう。

メフ®ビーズのようにへたりや熱に強いビーズが登場した事もあり、ヨギボーを検討している人のビーズ補充への抵抗感も薄れていくのではないのでしょうか?

ヨギボーの人気はまだまだ続きそうですね。

 

ヨギボー公式サイトでの補充ビーズの購入はこちらから

公式サイトのプレミアムシリーズおよび、補充用メフ®ビーズの購入ページはこちらから

 

ヨギボー「ズーラシリーズ」「夏アイテム」がサマーセールで値下げ中!お得に買うなら今!

ヨギボーのトレイボー2.0をレビュー!タブレットもノートパソコンも置ける万能トレイ!

大人気!ヨギボーのグリッピボーが快適。どこでも手ぶらでスマホやタブレットが使える!

スポンサーリンク