前傾姿勢タイプのオカムラ「シルフィー」と「サブリナスタンダード」を徹底比較!

オカムラシルフィとサブリナの比較

スポンサーリンク




この記事では、オカムラの前傾姿勢タイプのオフィスチェア(タスクチェア)「シルフィー」「サブリナスタンダード」を徹底比較します。

 

 


では、なぜこの二つのオフィスチェアを比較するのか?

 

それはメーカーが同じオカムラという理由だけではなく、この二つのモデルが勉強や、前のめりのデスクワークなど、前傾姿勢の作業に適した前傾姿勢タイプのオフィスチェアだからという理由があります。

 

いままで前傾姿勢タイプといえば、前傾チルト機能のあるアーロンチェアなどハーマンミラーの商品を選択する人が多かったかもしれませんが、この二つのモデルの誕生により選択の幅が広がったとも言えるでしょう。

 

という訳で、サイズ・機能・オリジナル機能・価格などを比較しながら、この二つのオフィスチェアがどういった人にピッタリなのかをネットで出来る限り伝えていきたいと思います。

 

関連 : 漫画家、アニメーター、イラストレーターにおすすめのオフィスチェア9選を紹介!

 

※この記事の写真はショールームの許可を頂いて掲載しています。

 

両チェアとも前傾姿勢タイプ

シルフィーサブリナスタンダードは両者とも前傾姿勢での作業に向いた前傾リクライニング機能(前傾チルト)が備わっています。

座面下のダイヤルを操作して前傾姿勢に切り替えます

この二つで悩んでいる人はほぼ間違いなく安心のオカムラ製品であり、尚かつこの前傾リクライニング機能がお目当ての人でしょう。

 

なぜ前傾姿勢タイプなのか?

前屈みの姿勢が長時間続く事によってお腹が圧迫されて、骨盤が後ろに倒れる事で背骨が湾曲します。

これが腰痛の原因になるといわれています。

これを解決するのが前傾リクライニング機能(前傾チルト)といわれる機能で、座面と背もたれを少し前に傾ける事でお腹の圧迫を解消し、骨盤が起き上がることで背骨のS字が保たれ腰への負担が軽減される訳です。

 

こちらが実際に前傾リクライニング状態にしたシルフィー。

前傾リクライニングのシルフィー

背もたれと座面が前方に傾いているのがわかると思いますが、この僅かな傾きが前傾姿勢時の体への負担を大きく軽減してくれるのです。

 

前述した通り、この前傾リクライニング機能(前傾チルト)は人気のハーマンミラーのアーロンチェアにも備わっている機能。

オカムラのシルフィーとサブリナ スタンダードの場合は、さらに前傾でも使えながらヘッドレスト付きも選べるってところが魅力的なポイントなんじゃないかって思います。

ヘッドレストが無いと前傾姿勢タイプはどうしても「短時間に集中して使う用のチェア」というイメージを持つ人もいるかもしれません。

ヘッドレストがあることで短時間に集中して使うことも、頭を休めながらリラックスしながら長時間座って使うことも臨機応変に行えるでしょう。

 

 

シルフィー&サブリナの前傾リクライニングのサポート力は?

ちなみにシルフィーとサブリナスタンダードの前傾リクライニングの(背もたれの)サポート力は一緒くらい。

アーロンチェアやミラ2チェアといったハーマンミラー商品の前傾チルト機能と比較すると、よりソフトに背中を支えてくれる印象です。

そのため「ハーマンミラーの前傾チルトは少し背もたれのサポート力が強すぎるかな…」って人はこのシルフィーとサブリナスタンダードがおすすめ出来るでしょう。

また、この前傾リクライニングのソフトなサポート力が筋肉の量的に男性に劣る女性にもお勧めする理由の一つでもあります。

 

サブリナはスタンダードとスマートオペレーションの2タイプあり、スマートオペレーションは後傾姿勢タイプなので注意してください

詳しくは、オカムラのサブリナをレビュー「スタンダード」と「スマートオペレーション」の違いとは?の記事を参考にしてみてください。

 

 

 

サイズで比較

前傾リクライニングのサポート力があまり変わらない事を理解して頂いたところで、お次はサイズで比較してみましょう。

こちらの表をご覧ください。

商品名 シルフィー サブリナスタンダード
発売2014年2013年
高さ(ハイバック) 954〜1054mm 980〜1080mm
高さ(ヘッドレスト付き) 1147〜1247mm 1170〜1270mm
肘幅 648mm 650mm
背もたれ幅 460mm 495mm
座面幅 515mm 520mm
座面奥行 410〜460mm 400〜450mm
地面から座面までの高さ
 420〜520mm 420〜520mm
肘掛高さ(可動肘) 620〜820(地面からの高さです) 570〜770

 

発売はサブリナスタンダードの方が1年早いです。

また、全体的にサブリナスタンダードの方が若干サイズが大きめ。

特に背もたれの幅は30mm以上も差がありますので体格が大きい人は選ぶポイントの一つになるでしょう。

 

座面の奥行きは若干の差になりますが、肘掛けの高さはサブリナスタンダードよりシルフィーの方が高くまで調節可能。

シルフィー

一部では「肘掛けが気持ち低め」という意見が聞かれるバロンチェアの肘掛けの高さは最大で763mmですから、通常より高さのあるデスクを使っていたり大柄の人にはサブリナの肘掛は高さが合わない可能性もあります。

サブリナスタンダード

ご自宅でメジャーなどを使ってデスクの高さを測って確認しておきましょう。

 

お次ぎは最低座面高。

両チェアとも膝下の長さが42cm以上あれば問題なく座れるでしょう。

シルフィーの座面

ちなみに42cmは、身長155cm〜160cmの人の平均的な膝下の長さになります。

 

座面幅はシルフィーが515mm、サブリナスタンダードが520mmと、座面が余裕のあることで知られるコンテッサと同じくらいあります(520mm)。

特に大柄というわけでもなければ両モデルとも十分に余裕を持って使用出来るでしょう。

 

 

調整機能、オプションで比較

続いて調整機能、オプションで比較してみましょう。

商品名 シルフィー サブリナスタンダード
前傾 10° 10°
後傾 23° 23°
クッション 異硬度クッション 異硬度クッション
座面高さ調節 あり(100mm) あり(100mm)
座面奥行き調節 あり(50mm) あり(50mm)
アジャストアーム調節 あり あり
リクライニングの強弱調節
 あり あり
ヘッドレスト固定タイプ 固定タイプ

この辺の調整機能と可動範囲はほぼ一緒です。

大事な前傾姿勢ポジションの傾度は両チェアとも10°

アーロンチェアがおよそ5°なのでアーロンチェアよりも倒れるように感じますが体感的にはそれほど変わりない気がします。(むしろ個人的には支えられてる感はアーロンの方が強いと感じました)

異硬度クッションも両者とも2010年以降のタイプなので、両モデルともさらに改良された優れたものを使用しています。

そのため座面の座り心地はほぼ一緒と考えていいでしょう。

 

オカムラの異硬度クッションのおすすめオフィスチェアはこちらの記事を参考にしてみてください

オカムラ自慢の座面「異硬度クッション」を使用したオフィスチェア7選を紹介!

2019年2月14日

 

ヘッドレストは両チェアとも固定。

サブリナスタンダードの方が高さがあるのでヘッドレストをつける場合は自分の頭の位置と合うのかを確認しといた方が良さそうです。(取り外しは可能)

後傾角度は一緒ですが背もたれにやや柔軟性がある分、後傾リクラインングはサブリナの方が若干ソフトに感じるかもしれません。

 

オリジナル機能で比較

この二つの間で最も異なって来るのがそのオリジナル機能です。

この二つのモデルを比較して選ぶ上での最も重要なポイントになりますのでしっかりと確認しましょう。

 

シルフィーのオリジナル機能/バックカーブアジャスト機構

シルフィのバックカーブアジャスト機能

人それぞれ背中のカーブには個人差がありますが、その人それぞれ異なる背中のカーブに合わせるために背もたれのカーブを調節出来るようにしたのがこのバックカーブアジャスト機構です。

背もたれ横のレバーを調節する事で背もたれのカーブが変化。

自分の体の形にあったカーブに設定することで背中の大きな人にも小柄な人にもしっかりとフィットするようになっています。

 

サブリナスタンダードのオリジナル機能/リングフレーム機構

サブリナシリーズの最大の特徴はなんといってもこの独特な流線美を持つ背もたれのリングフレーム。

樹脂製のフレームは硬さと柔らかさの両方の特性を持ち合わせているのが特徴。

体をしっかりと支えると共に(剛)、体をねじると背もたれが適度にしなって追随してくれるようになっています(柔)。

フレームに柔軟性がある事から後傾にリクライニングした時の背もたれのソフトさはリングフレーム機構の方が感じられるかもしれません。

優しい座り心地を体感できることでしょう。

 

フィット感のシルフィー、柔軟性のサブリナスタンダード

という事で上記で説明したそれぞれの機能をまとめますと…

  • 「フィット感」で選ぶのであれば背もたれのカーブを変えられるシルフィー
  • 背もたれに「柔軟性」(もしくは自由度)を求めるのであればフレームが柔軟なサブリナスタンダード

 

ということになるでしょう。

個人的に、この二つの機能の違いがシルフィーとサブリナスタンダードをのどちらかを選択する際の決定打になるんじゃないかと思います。

 

価格で比較

シルフィーの方が安い

値段に関してはカラーや背もたれ(メッシュやクッション)、樹脂脚やアルミ脚などの材質、またはサイトによって差がありますが、基本的にシルフィーの方が安いです。

シルフィーはサイトによってはヘッドレスト付きでも10万円以下で購入する事も出来るのが魅力。

運が良ければカラーやオプション次第で7万円台で新品が見つかったりすることもあります。

ヘッドレスト無しだとハイバックで8万円〜くらいから。

ローバックだと7万5千円〜ほど。

肘掛け無しだとハイバックで6万5千円〜位、ローバックで6万円〜で見つかる事もあるので、会社での大量購入にも向いていますし、体型の小さめな女性の社員にも合うのは魅力的です。

 

一方のサブリナは?

一方、サブリナスタンダードはヘッドレスト付きだと10万円は越えて来ます。

ヘッドレスト無しだと10万円前後、およそ8〜10万円ほど、

肘掛け無しだと7万円台〜8万円くらいで販売しているところもあります。

 

調整機能は両者ともそれほど変わらないので、技術的にサブリナのリングフレームの背もたれの方が予算がかかっているのかもしれません。

ご自身の予算に関して制限ある場合は、お値段的にはシルフィーの方がお得と言えるでしょう。

(※2021年3月時点で確認した価格です)

 

ネットで購入するならどこがお得?

シルフィーかサブリナスタンダードをネットで購入する方法はいくつかありますが、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングそれぞれにオカムラ公式ページがあるのでそちらで購入するのがおすすめです。

 

理由は公式ならではの安心感と、他のショップよりも圧倒的に色やオプションの在庫が多い事。

公式なので、万が一チェアにトラブルがあった時でもしっかりと返品・交換対応してくれるでしょう。

 

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中からポイントを貯めていたりと愛用しているサイトで購入するのがお得なんじゃないかと思います。

 

ちなみに個人的なサイトの見やすさの比較ではAmazon>楽天>Yahoo!ショッピングですね。

種類が沢山あるのでローバックやハイバック、固定肘や可動肘を間違えて購入しないように気をつけましょう。

 

 

 

 

まとめ

という事で両者の違いと特徴をもう一度まとめたいと思います。

 

シルフィー

  • サブリナよりは若干小さい(特に背もたれの横幅)
  • 肘掛けはサブリナより高くまで設定可能
  • バックカーブアジャスト機構
  • 値段はサブリナスタンダードより安い

 

サブリナ スタンダード

  • シルフィーよりも若干大きい
  • 肘掛けはシルフィーより低い
  • リングフレーム機構
  • 背もたれに柔軟性がある

 

それぞれのモデルを実際に座ってみた体験記事はこちらを参考にしてみてください

参考オカムラのシルフィーはヘッドレスト付きでも10万円以下で買えるおすすめオフィスチェア。

参考オカムラのサブリナをレビュー「スタンダード」と「スマートオペレーション」の違いとは?

 

という事で一通り見てきましたが、こうやってみていくと両チェアの最大の違いはやはりオリジナル機能と値段だということがわかって頂けると思います。

何度も言いますが、

  • 「フィット感」で選ぶのであれば背もたれのカーブを変えられるシルフィー
  • 背もたれに「柔軟性」を求めるのであればフレームが柔軟なサブリナスタンダード

 

この機能の部分に一番大きな違いが出てきますので覚えておきましょう。

 

あとはシルフィーとサブリナスタンダードの両者ともヘッドレストの高さが自分の頭の位置に合うのかは把握しといた方が良いと思います。

背もたれの機能も好みが分かれるので、どちらが優れているとはっきりと結論を出す事は出来ませんが、この比較がより最適なオフィスチェアを選ぶ後押しになれば幸いです。

 

関連 : 漫画家、アニメーター、イラストレーターにおすすめのオフィスチェア9選を紹介!

 

 

スポンサーリンク