バウヒュッテのゲーミングソファチェアG-350をレビュー!部屋に馴染むふかふか椅子。

スポンサーリンク




ゲーム専用の椅子が欲しいけど、よくあるゲーミングチェアのデザインがちょっと苦手でなかなか手が出せない人って結構多いかと思います。

 

そんな中、日本は大阪のメーカーbauhutte(バウヒュッテ)から「ゲーミングソファチェア」という新しいゲーム専用チェアが発売されました。

 


このゲーミングソファチェア、そんな「ゲーミングチェアのデザインは少し苦手…」という人に非常にオススメなんです。

 

というわけで、この記事ではバウヒュッテから発売されたゲーミングソファチェアであるG-350とゲーミングソファ座椅子GX-350をご紹介。

 

ゲーミングチェアとの違いから口コミ、評判、どこで購入するのがオススメかなど、詳しく解説していきたいと思います。

 

 

ゲーミングソファチェア(G-350)とゲーミングチェアの違いは?

では、ゲーミングソファチェアはこれまでのゲーミングチェアとはどういった点が異なるのか気になるかと思います。

 

最大の違いは以下の二つの点

  • デザイン
  • 座り心地

 

順番に解説していきたいと思います。

 

ゲーミングチェアよりも部屋に馴染みやすい!

長時間座っても疲れにくく、機能も充実しているゲーミングチェア。

 

しかしながら、人によってはあの独特のバケットシートの形状や派手なカラーリングが苦手って人も結構多いです。

 

ゲーミングソファチェアG-350は、そんなゲーミングチェアのお決まりの形からデザインを一新。

どんな部屋にも馴染みやすいシンプルなデザインを生み出しました。

 

バウヒュッテのオリジナルデザインなのでありきたりなゲーミングチェアの形じゃないところにこだわりを感じますね。

 

カラーはブラックホワイトグリーンの3種類。

 

機能に惹かれながらもゲーミングチェアの派手なデザインになかなか手が出せなかった人にもオススメできる新しいゲーミングチェアと言えるでしょう。

 

ポケットコイル内蔵でまるでソファのような座り心地に!

見た目以外で、これまでのゲーミングチェアと一番異なるポイントは座り心地です。

 

ゲーミングソファチェア「G-350」では、座面にソファでよく使われるポケットコイルを内蔵。

 

通常のウレタン素材のゲーミングチェアよりもさらに「ふかふか」な座り心地を実現しています。

 

痩せ型の人の場合、ゲーミングチェアの座面だと固すぎるって人も結構多いです。

そんな人にはこのポケットコイルを採用した厚みのあるふかふかな座り心地はまさに最適。

 

また、シートの生地はゲーミングチェアで頻繁に採用されるPUレザーよりも蒸れにくく通気性に優れたファブリックを使用。

 

お尻にストレスを感じることなく長時間座り続けることができるでしょう。

 

あるわな君
ゲーミングチェアよりもシンプルなデザイン。そして、ふかふかの座り心地の2つがゲーミングソファチェアの最大の特徴!

 

 

 

その他の魅力的な性能・機能

ゲーミングソファチェアにもその他にも魅力的な性能・機能にあふれています。

 

座面

座面はゲーミングチェアよりもゆとりのある幅広設計。

 

ゲーミングチェアのバケットシートだとフィット感を重視するため太ももに窮屈感が感じるモデルが多いのですが、

ゲーミングソファチェアは座面がフラットな形状なので窮屈感がなし。

 

ゲーミングチェアよりも胡座がかきやすいというメリットがあります。

 

あるわな君
ちなみに座部のクッションは取り外し可能なので奥行きを調整したり掃除をしたりするのも楽チン!

 

 

クッションタイプのアームレストを採用

アームレストのパッド部分には樹脂ではなくシートと合わせたファブリックタイプのウレタンクッションを採用。

 

ファブリックのアームレストは非常に珍しくバウヒュッテのこだわりを感じますね。

柔らかいパッドは腕が痛くなりにくいのはもちろん、デザインとしても統一感があります。

 

あるわな君
ここもゲーミングチェアでは見られないオシャレポイントです。

 

 

アームレスト

アームレストは高さ調節と取付け位置が変更可能です。

アームレストの取付け位置の変更はゲームのジャンルに合わせた姿勢の変更に対応。

 

例えばFPSのように前傾姿勢になりやすいジャンルはアームレストの取付け位置を前よりに。

RPGなど後傾姿勢でゆったりとプレイする時はアームレストの取付け位置を後ろよりに。

といった感じに臨機応変に使い分けることができます。

 

あるわな君
ここも日本メーカーであるバウヒュッテならではのこだわりポイント。

 

 

オットマンとの併用がオススメ!

個人的に気になった点は最低座面高が49cmと、座面高がやや高めであること。

(49cmは身長180cmくらいの人の膝下の長さの平均)

そのため低身長の人の場合は足の裏を床につけて座れない可能性があります。

幸い胡座がかきやすいということと、バウヒュッテから優れたオットマンが発売されているので、万が一足が届かない場合はオットマンを使って足を伸ばして使用することをオススメします。

 

あるわな君
リクライニングは135°まで可能。
オットマンで足を伸ばして座れば更に快適感アップ!

 

 

 

ゲーミングソファ座椅子(GX-350)もあります!

バウヒュッテのゲーミングソファチェアにはさらにベース足を取り除いた座椅子タイプであるゲーミングソファ座椅子「GX-350も発売されています。

 


こちらはゲーミングソファチェアG-350の座椅子バージョン。

 

デザインと座り心地はG-350と全く一緒ですが、リクライニングがさらに深い180度まで可能であったり、ロック付きのキャスターで移動もラクラクであったりと座椅子ならではのメリットも持ち合わせています。

 

あるわな君
日本人特有の床文化で生活している人や、リクライニングを180度倒したいといった人にはこちらのGX-350がオススメ。

 

 

G-350&GX-350の口コミ、評判、評価は?

ゲーミングソファチェアG-350GX-350のSNSでの口コミや評判を集めてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーミングチェアとゲーミングソファチェアとの差を一番感じられるのは、やはり「ふかふかな座り心地」のようですね。

あるわな君
ゲーミングチェアよりも座面がフラットだからあぐら民にもオススメだね。

 

 

ネットで購入するならAmazonがお勧め!

ではゲーミングソファチェアG-350とソファ座椅子GX-350はどこで購入するのがオススメなのか?

 

基本的にゲーミングチェアは20kg以上ありますので持ち帰りが大変なので自宅まで運んでくれるネット通販での購入がオススメです。

 

オススメはAmazon。

なぜかというと、バウヒュッテのストアページがあるので非常にわかりやすいからです。

 

楽天市場やYahoo!ショッピングにも売っているのですが、いろんな店舗が出店しており値段もかなり異なりますのでそちらで購入する場合は慎重に選ぶようにしましょう。

 

Amazonならバウヒュッテのストアページから購入できるので、間違って高い値段のショップで購入してしまう心配はないでしょう。

 

 

 

ゲーミングチェアの新しい形としてヒットは確実!?(まとめ)

というわけでご紹介したゲーミングソファチェアですが、発売から1週間経たずにすでに売り切れ現象が発生するほどの人気を博しています。

 

それだけ、多くの人にゲーミングソファチェアのような「ゲーミングチェアらしくないゲーム専用チェア」が待望されていたということでしょう。

 

あるわな君
今後色んな中国メーカーにマネされそう…

 

ゲーミングソファチェアは今後のゲーム専用チェアの一つの形としてますます広がっていきそうな可能性を感じます。

  • ゲーミングチェアらしくないデザイン。
  • ふかふかの座り心地
  • ゲーミングチェアとしての機能も充実している

 

上記のようなチェアを求めている人にはこのゲーミングソファチェアG-350とソファ座椅子GX-350が今現在もっともオススメできる一脚と言えるでしょう!

 

 



 

ファブリックシートのゲーミングチェアを探しているのであればこちらもチェック!

Bauhutte(バウヒュッテ)のゲーミングチェアRS-950RRをレビュー!信頼の日本メーカーの評価は?

夏も安心!通気性の良いファブリックシートのゲーミングチェア6選!コスパも抜群!

スポンサーリンク