ニトリのゲーミングチェア 「ヘイデン」はお値段以上?【レビュー】評判は?

スポンサーリンク




e-Sportsの影響もあり最近需要が増えているゲーミングチェア 。

どこに売っているかわからないので、探していたら近所のニトリで唯一ゲーミングチェアの形のチェアを見つけその性能が気になっていたという人もいるのではないでしょうか?

 

 

この記事ではそんなニトリのワークチェア(ゲーミングチェア )「ヘイデン」を取り上げ、お値段と機能を照らし合わせながら「ヘイデンはお値段以上なのか?」について考えてみたいと思います。

(※ニトリ公式は一応ワークチェアと謳っていますが、明らかにゲーミングチェアのフォルムを元にしているのでこの先はゲーミングチェアと表現します)

 

ニトリのワークチェア エルゴクエストがスゴい!2万円台で買えてコスパも抜群!

ゲーミングチェアの試座に行こう!メーカー別取扱店舗と選ぶ際のポイントなどを紹介!

 

ヘイデンの機能

まずニトリのゲーミングチェア 「ヘイデン」の機能をみてみましょう。

  • 1Dアームレスト
  • 深めのリクライニング
  • ロッキング機能
  • ランバーサポート

 

ゲームをする上でコントローラーを持つ際に、適切な高さで腕を支えるため最低限必要であろう上下昇降で高さ調節が可能な1Dアームレストを搭載。

心地よい角度でゲームに浸るための(120度以上は倒れるであろう)深めのリクライニングとロッキングも可能。

そして長時間ゲームをする上で労らなければならない腰をサポートするための高さ調整が可能なランバーサポートも付いています。

 

これらの機能はゲーミングチェアには必要最低限付いていないと困るものなので「ヘイデン」にはそれらの機能がしっかりと備わっているといっても良いでしょう。

 

ヘイデンの気になる所(デメリット)

 

しかしながら、「ヘイデン」には気になるポイントもありました。

 

それは、ヘッドレストが無いということ。

 

どうしても気になってしまうのがゲーミングチェア ではランバーサポートと同じくらいお馴染みであるヘッドレストがない点。

必要なかった?それともコスト削減か?

今市場に出回っているゲーミングチェアには90%以上ついているものですし、ヘッドレストのベルトを通せる穴まで空いているのに(頭部の通気性向上の役割もありますが)なぜ採用しなかったのか謎です。

 

しかしながら、アマゾンや楽天で他のメーカーのヘッドレストであれば購入することができますので、どうしても気になる場合は付け足すのもアリですね。

 

ヘイデンの良いと思った所(メリット)

ヘッドレストはどうしても気になってしまいましたが、「ヘイデン」には良い点もあります。

  • 2万円で購入できる
  • 安心の日本メーカーである
  • 座面にゆとりがある
  • 背もたれと座面にピンホールが空いている
  • ニトリに行けば試座できる

 

まず、お値段は2〜5万円の価格帯の物もザラであるゲーミングチェアの市場では良心的な2万円以下の18,426円(税別)で購入できるのは嬉しいところ。(※消費税や送料などを入れると2万円をやや上回ります)

身近なニトリで購入できるのも嬉しいですね。

 

ゆとりの座面&シートにピンホール

機能で言えば、「ヘイデン」の座面はゲーミングチェアの中でも比較的「ゆとり」を持って座れる形状であるということです。

ゲーミングチェアと言えばレーシングカーの座席のようなホールド感が売りの一つでもありますが、「ヘイデン」の座面は座面両端の傾斜の角度が緩く浅いため、ホールド感は薄く太ももが圧迫されにくい「比較的ゆとりのある座り心地」のゲーミングチェアであることが予測できます。

そのため座面にホールド感よりもゆとりを求める人にオススメのゲーミングチェアと言えるでしょう。

(※他のメーカーでも座面にゆとりを重視しているゲーミングチェアはあります)
(※座面の座り心地に関しては体型により差が出ますのでご理解ください。筆者:175cmの普通体型)

 

 

さらに、合成革皮のシートの欠点として蒸れやすいという点があるのですが、ヘイデンは背もたれと座面にピンホールの通気口を設けてあるので穴が空いていないシートよりも通気性に優れています。

このピンホールのレザーは2万円以下のゲーミングチェアとしては珍しい点です。

 

日本メーカーの安心感

そして、何と言ってもニトリは安心の日本メーカーであるということ!

ゲーミングチェアはそのほとんどのパーツが中国で大量生産されること、また中国のメーカーが多いため初期不良やパーツの欠損などの問題が度々あります。

相手が日本に代理店を持たない外国のメーカーだと、それらの返品、交換などのやりとりによるメーカーとのトラブルが起きやすくアマゾンや楽天などの低評価のレビューでもそういったトラブルが多く報告されています。(※外国でも全てのメーカーが対応が悪いわけではありません)

ニトリもおそらくパーツの生産は中国だと思いますが、日本のメーカーとして品質管理に意見が出せる点と、万が一初期不良があってもニトリ公式のお問い合わせフォームがあるのでこちらに非がない商品の不具合などであれば誠実な対応をしてもらえることでしょう。

この日本メーカならではの安心感がニトリの良い点です。

 

ニトリに行けば試座することもできるのでしっかりと自分で納得した上で購入することが出来るでしょう。(ニトリでも置いていない店舗もあるので注意)

 

ヘイデンの口コミ、評判

ヘイデンのSNSでの口コミや評判を集めてみました。

 

 

 

 

 

 

座面はやや硬めにできているという意見が多いようです。

座面は硬めなほうが好みという人にもオススメと言えるでしょうが、もっと柔らかくしたい場合は座面にクッションを引くのも一つの手ですね。

 

ヘイデンを購入するならどこがオススメ?

このニトリのヘイデンの重量は約21kgあるので個人的にはニトリまで買いに行くよりは、家まで発送してくれるネットでの購入をオススメします。

 

個人的にオススメはニトリで試座をしてからネットで購入するという方法。

 

ネットで買い物といえばAmazonのイメージが強いですが、残念ながらヘイデンはAmazonでの取り扱いはありません。

そのためネットで購入する場合「楽天市場」か「Yahoo!ショッピング」のニトリ公式ショップのページを利用しましょう。

楽天ポイントを貯めている場合は楽天市場を、Tポイントがある場合はYahoo!ショッピングを利用するとポイントが使えてポイントも貯められるのでお得です。

 

 

 

ヘイデンは組み立て式

ヘイデンは購入してから自分で組み立てる組み立て式になります。

ゲーミングチェアといえばほぼ全てのメーカーが自分で組み立てる必要があるのでしょうがない点と言えるでしょう。

組み立てにはおよそ30分くらいかかります。

 

 

まとめ、ニトリのゲーミングチェア「ヘイデン」はお値段以上か?

というわけで、「ヘイデン」はお値段以上なのか?

個人的には「ヘイデン」は最低限必要な基本的な性能は備えたベーシックなゲーミングチェアという印象、さらにヘッドレストが付いていないというのはかなり気になるところではあります。

しかしながら、この値段帯で「座面にゆとり」がありなおかつ「シートにピンホールが空いている」ゲーミングチェアはかなり少なく、何と言っても安心の日本メーカーで2万円以下の価格を実現したという点は一定のニーズがあると言えます。

仮に購入後に初期不良など、何かしらこちらに非のないトラブルがあった場合も日本のメーカーらしい誠実な対応をしてもらえることでしょう。

同じ値段帯の中国メーカーと比べると、この安心感だけはどこにも負けないでしょうね。

 

そういった意味では、

  • 最低限必要な性能を備えたゲーミングチェアが欲しい
  • 座面は「ホールド感」よりも「ゆとり」重視
  • 通気性に配慮したゲーミングチェアが欲しい
  • 予算2万円で購入したい(税込で2万円は超えます)
  • 安心の日本メーカーのゲーミングチェアが欲しい
  • 自分で座ってから購入を決めたい

 

といったような、上記の項目に多く当てはまる人ほど「お値段以上」の価値を感じられることでしょう。

 

 

ニトリのワークチェア エルゴクエストがスゴい!2万円台で買えてコスパも抜群!

ニトリのワークチェア「クエト」を体験レビュー!座り心地・評判は?

ゲーミングチェアのおすすめ18選!2020年に購入するならコレで決まり!

スポンサーリンク