ヨギボーピラミッドは子供から大人まで使えるコンパクトサイズ!ミニとの違いは?

スポンサーリンク




独特の座り心地で根強いファンを獲得しているビーズソファ。

そのビーズソファで一番の人気メーカーがYogibo(ヨギボー)です。

 

この記事ではヨギボーのソファシリーズで最もコンパクトなサイズのヨギボーピラミッドをご紹介。

 

 

「ヨギボーといえばヨギボーマックス、ミディ、ミニがおなじみだけどピラミッドってどんなヨギボーなの?」

「ピラミッドをより快適に使うのにおすすめのオプションアイテムは?」

「ピラミッドのサイズや価格は?」

「ヨギボーピラミッドとヨギボーミニの違いってなんなの?」

 

などなど、ヨギボーピラミッドに対する疑問に答えながらどんな人にこのピラミッドがおすすめなのかを解説したいと思います。

この記事を読めば既にヨギボーを持っている人でもピラミッドが欲しくなっちゃうかも?

 

Yogiboの公式サイトはこちら!

 

 


ヨギボーカバーの季節に合わせた選び方、値段、洗濯方法などを徹底解説!

ヨギボーの補充ビーズはどのサイズがおすすめ?補充の仕方、目安、量や価格を徹底解説!

 

Yogibo Pyramid(ヨギボーピラミッド)のサイズ・重さ

まずはヨギボーピラミッドのサイズを見てみましょう

Yogibo Pyramid(ピラミッド)
長さ約65cm
約75cm
重さ約2.7kg
値段 12,800円(税抜)

ヨギボーピラミッドの形はその名の通り、ピラミッドのような三角形のシルエット。

三角形なので部屋のコーナーなんかに配置するとピッタリと収まってくれるのでスペースを出来る限り活かしたい人にもおすすめです。

 

カバーのカラーは17色

カラーは17色。

複数購入してリビングや子供部屋に置くだけでとても可愛らしい雰囲気を生み出してくれますよ。

カバーは取り外して選択することも可能。

清潔に使い続けられるので小さなお子さんがいる家庭でも安心して使い続けることができます。

 

カバーだけ購入することも可能!

クリックすると公式の商品ページへ飛びます

お部屋の模様替えにも最適ですね。

 

 

ヨギボーピラミッドは子供にピッタリなサイズのヨギボー!

サイズでもご説明した通り、ヨギボーピラミッドは小さな子供にピッタリなコンパクトサイズ!

重さはなんと2.7kg。

ヨギボー史上最軽量なので子供でも簡単に持ち運びできちゃいます。

リビングの子供用座椅子としてや、子供部屋用として購入しても良いでしょう。

 

ヨギボーの魅力は動きたくなくなるような快適さなので、子供でもきっと愛着を持って利用してくれるはずです。

 

Yogiboの公式サイトはこちら!

 

ピラミッドの使い方。大人でも使える!

〜6歳くらいまでの子供なら体全体が収まりまさにベストサイズなヨギボーだと言えますが、ピラミッドは大人でも問題なく使う事が出来ます。

ピラミッドを大人が使った場合は子供よりも体が大きい分、背もたれの高さはローバック〜ミドルバック(肩甲骨の下くらいまでの高さ)になります。

そのため厚みのある座布団や座椅子ソファの用な感覚で利用する事が出来るでしょう。

背もたれが高くないので長時間くつろぐのにはあまり向きませんが、一人暮らしのローテーブルやコタツなんかと組み合わせて利用すると最適です。

感触も良いですし、見た目が可愛らしいのでインテリアとしても映えます。

友人が遊びにきた時にちょっとした座椅子代わりに出してあげても喜んでもらえるでしょう。

コンパクトなので複数個置いてもそんなに場所をとらないのも良いところです。

色違いで複数買いしたくなっちゃいますね。

 

ヨギボーのお試しで購入してみるのもアリ

他のヨギボーと比べてお値段が安めなので「ヨギボーとはどんなものなのか試してみる入門グッズ」として購入してみても良いでしょう。

いざ使ってみてピラミッドを気に入ったら今度はもっと大きいサイズのヨギボーが欲しくなってしまうかも…って人もご安心を。

ピラミッドはオットマン(足置き)やヨギボーの上で使う枕や背もたれとしても利用出来るのでいざ新しく大きいサイズのヨギボーを購入しても邪魔になる事は無いでしょう。

 

 

Yogiboの公式サイトはこちら!

 

 

ズーラピラミッドとの違い

ピラミッドは最軽量な分ビーズの量も他のヨギボーより少ないです、そのため体型によっては「ちょっと沈み過ぎて気になる」って人もいるかもしれません。

そんな人には外でも使えるズーラシリーズのズーラピラミッドがおすすめ!

ズーラシリーズのカバーは通常のヨギボーのカバーよりハリがあるため沈み込みが若干浅いです。

しかも防水加工されており屋外でも使えてしまうのがズーラピラミッドの凄いところ!

柄タイプのカバーが選べるところも魅力です。

沈み込みに具合の好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

 

 

関連夏はヨギボーズーラの方が快適?通常のヨギボーとの違いを比較解説!実は室内でも使える。

 

 

 

最適な組合わせはヨギボーサポート!

「ピラミッドをもっと快適に使いたい」という場合のオプションアイテムとして一番オススメなのはヨギボーサポートです。

ヨギボーサポートを組み合わせる事により、背もたれの低いヨギボーピラミッドに高さを生み出すことが出来ます。

そんなに大柄な人じゃなければ頭までサポートしてくれる快適な肘掛け付きの座椅子へと早変わり。

U字型の厚みのある肘掛によって起き上がりも楽になります。

ヨギボーサポートに挟まれる感じになるのでフィット感も増しワンランク上の使い心地になるでしょう!

 

ピラミッドで過ごす時間が長いという人は是非ヨギボーサポートの購入も検討してみましょう。

 

関連同時購入がおすすめ、ヨギボーサポートの魔力!口コミで授乳用クッションとしても話題!

 

 

 

 

 

 

ヨギボーミニとの比較

このピラミッドがヨギボーで最も小さいサイズになるため、同じく小さいサイズで売り出されているヨギボーミニとどちらを購入しようか迷っている人もいるでしょう。

ヨギボーミニのサイズは以下の通り

Yogibo Mini(ミニ)
長さ約95cm
約65cm
重さ約4.0kg
値段 15,800円(税抜)

長さ約65cm、約幅75cm、重さ約2.7kgのピラミッドと比べるとミニの方が長さがあり、重さが1.3kgも重いです。

ピラミッドの背もたれがロー〜ミドルバックの背もたれなのに対し、ミニであれば大人でも最大でハイバックくらいの高さの背もたれで座れます。

画像をクリックすると公式の商品ページへ飛びます

よりリラックスして長い時間をヨギボーで過ごしたいという人はミニの方が快適に過ごせるでしょう。

 

一方、お値段と、よりスペースを取らないコンパクトな座椅子としてはピラミッドの方が優れています。

サイズ的には小さいお子さん用であればピラミッドで十分でしょう。

 

Yogiboの公式サイトはこちら!

 

ヨギボーミニの快適な使い方は?プレゼントにも最適!値下げでさらに注目度アップ中!

 

ピラミッドはプレゼントにも最適!

ピラミッドは他のヨギボーよりコンパクトなので渡しやすくプレゼントにも最適です!

お値段も他のヨギボーよりは気を使わせない価格なので親戚や友人のお子さんなどへのプレゼントとして渡しても気に入ってもらえるでしょう。

直接ヨギボーを渡すのを躊躇ってしまう場合はギフト券で渡す事も出来ます。

ヨギボーのギフト券についてはヨギボーをギフト券でプレゼントしよう!沢山のメリットと覚えとくべき注意点をチェック!の記事を参考にしてみてください!

 

 

まとめ

というわけでヨギボーピラミッドはこんな使い方をする人におすすめです

  • 子供用として
  • 一人暮らしの座椅子(ローテーブルやコタツと相性抜群!)
  • 複数購入
  • オットマンとして

 

ピラミッドは小学校低学年くらいまでの小さいお子さん用のヨギボーとしてはこれ以上無いくらいコストパフォーマンスの高いヨギボーと言えます。

大人の方の利用で、万が一ピラミッドが物足りなくなった場合はヨギボーサポートを購入して快適度をもう一段階上げてみるのも良いでしょう。

 

 

Yogiboの公式サイトはこちら!

 

 

 

 

スポンサーリンク