ゲーミング着る毛布「ダメ着4G」はゲーマー冬の戦闘服!【bauhutte】

スポンサーリンク




bauhutte(バウヒュッテ)のダメになる”ゲーミング着る毛布”こと「ダメ着4G」をご存知でしょうか?

その名の通り、部屋でダラダラとゲームをするために生まれたような部屋着なのですが、これが笑っちゃうくらいダメになる事にこだわっているので初めて見たときは思わず笑っちゃいました。

しかもこのダメ着がアマゾンランキングで1位を獲るほどヒットしているそうなので是非紹介したいと思います。

この冬のゲーマー必須アイテムになる事でしょう。

 

Bauhutte(バウヒュッテ)のRS-950RRをレビュー!3万円以下で日本人向けの低座面仕様!

Bauhutte(バウヒュッテ)のゲーミング座椅子LOC-950RRをレビュー!3万円以下で買える!

 

「ダメ着4G」の魅力とは?(機能・性能)

では何で笑ってしまったのか?

それはこのダメ着が(良い意味で)ダメになる事に徹底的にこだわっているから。

決して中途半端ではなく、やり過ぎだってくらいこだわってやり切っているので感心してしまったのです。

 

着る毛布というコンセプトは以前からみかけましたが、ダメ着はさらにこの着る毛布で如何にダメになれるか(余計な事に気をとられずにゲームに集中出来るか)に注力されています。

 

では「ダメ着4G」には一体どんな機能が備わっているのか見てみましょう。

 

着たままトイレシステム5.0

魅力的なポイントの一つがこのおしり付近のジッパー通称「着たままトイレシステム5.0」

画像:バウヒュッテの公式サイトより

その名の通り、おしり以外の部分は脱ぐ事無く着たままトイレを済ませる事が出来るのです。

ネーミングもストーレートで「死んでも必要以上に脱がん!」っていうスタンスが素晴らしいですね。

ある意味オバカな機能なんですがそこが良い!

 

フードにヘッドフォンスリット

ダメ着というだけあってフードは死んでも脱ぎません。

そのためフードを被ったまま厳ついヘッドホンも付けられるようになっています。

画像:バウヒュッテの公式サイトより

ヘッドフォンを付けるためにフードを脱いでしまうとダメになりきれないですもんね。

女の子ならヘッドホンスリットからツインテールを出しても良いでしょう。

 

冷えから守るヘッドギア

ヘッドギアは露出を細かく調整可能。

簡単にフードを被るだけから、笑っちゃうくらい顔を覆うことも可能。

 

画像:バウヒュッテの公式サイトより

全ての情報をシャットダウンするとは…?

それはともかく、シチュエーションに合わせて露出度を調整しましょう。

※鼻・口を覆った状態での睡眠は呼吸を妨げる可能性があり危険なので絶対に行わないでください。

 

可変ミトン1.1

ダメ着4Gなら指の露出度を使用用途に合わせて調整する事が出来ます。

画像:バウヒュッテの公式サイトより

完全に指を覆う事も出来れば、上の写真のようにゲーム際には手の甲は温めながら指先だけ出したりも出来るなど、手が冷えてゲーム操作のクォリティーを落ちてしまうことを防ぐ事に配慮した造りになっています。

 

あったかい保温性、機能性抜群

2020年モデルのダメ着4Gはストレッチ素材を採用しているので非常に動きやすく、動作にストレスを感じる事もありません。

着る毛布というだけあって、眠る事にも適しているわけです。

 

冷えやすい下半身は2重構造、超濃密ベロアフリース生地を採用しているので保温性も抜群。

徹底的にダメになるためには寒さに強く、常に快適でなくてはいけないという事をしっかり理解した造りになっています。

画像:バウヒュッテの公式サイトより

一人暮らしの方なら暖房費の節約にもなりますし、暖房を使うと眠くなってしまう人にもお勧めです!

 

フリーふっとシステム4.0

また足の先は出し入れ自由。

寒ければダメ着で覆う事も出来ますし熱ければ足先だけ出す事も可能。

画像:バウヒュッテの公式サイトより

※フローリングなど滑りやすい場所では転倒に注意。足を出して歩くなど安全に配慮しましょう。

 

洗濯機で丸洗いが可能

そしてダメ着4Gは洗濯機で丸洗いが可能。

つねに清潔な状態で使い続ける事が出来ます。

 

サイズはM、L、XLの3つ

サイズは3サイズ、女性から男性まで性別を問わずに着られちゃいます。

  • Mサイズ:155~165cm
  • Lサイズ:165~175cm
  • XLサイズ:175~180cm

カラーはブラックのみになります。

 

その他、スマホが入るスマホポケットや腕まくりをキープするショートスリーブボタンなど、ダメ着4Gにはとにかく沢山の機能が盛りだくさん!

これ一着あればゲーム中に余計な事に気を取られる心配はなくなるでしょう。

 

注意点

ダメ着4Gはフリース素材の性質上火気に弱いです。

タバコ、ヒーター、コンロなど火気のそばでは絶対に使用しないようにしましょう。

ゲームしながらタバコを吸う人はタバコの灰にも注意しましょうね。

 

ダメ着4Gの口コミ・評価

ダメ着4Gの口コミ、評判をSNSから集めてみました。

 

 

 

 

 

ダメ着4Gはゲーマー冬の戦闘服

やり過ぎかってくらいのダメになるための執着につい笑っちゃいましたが、

このこだわりにより部屋の寒さなどで気が散る事もなく徹底的にゲーム以外に集中力を阻害されないようになっているわけです。

ゲームをしているときに寒さに気を取られるとゲームへ没頭しづらくなってしまいますよね。

このダメ着なら常に最大限に体を覆った状態でゲームをする事が出来るのでそういった外気に気を取られる事無くゲームの世界に入り込めるわけです。

 

また、ゲームだけでなく映画を観たり読書をしたりといった事でも同様に効果を発揮してくれるでしょう。

つまりダメ着はゲームや映画鑑賞などの作業に集中するためだけの現実世界の装備、戦闘服ともいえるでしょう。

 

 

ダメ着4Gの値段は?

 

ダメ着4Gのアマゾンでの販売価格は以下の通り。

Mサイズ 13,400円
Lサイズ 13,400円
XLサイズ 14,482円

 

冬は暖房の使い過ぎで電気代がバカにならないって人は、一人暮らしの暖房費の節約としてこの暖かい着る毛布「ダメ着4G」を購入すれば必要以上に部屋を暖めなくてもぬくぬく過ごせるでしょう。

そう考えると1万円以上しますが性能は高いので結果的にコスパが良いと思います。

 

よりカラフルな「ダメ着2020」もあり

出来る事は「ダメ着4G」とさほど変わりませんが、よりカラフルなカラーバリエーションの「ダメ着2020」というモデルも発売されています。(ヘッドフォンスリットは付いていません)

 

 

カラーは赤・青・緑から選択可能。

ダメ着4Gがすべすべしているのに対し、ダメ着2020はふわふわした生地感(マイクロファイバー生地を採用)

 

ダメ着の中では日常使いにおすすめのスタンダードモデルという位置づけのようです。

Mサイズ 7,800円
Lサイズ 7,800円
XLサイズ 8,700円

ふわふわしている分、ラインは若干4Gより太めな印象。

ブラックカラーは苦手…という人におすすめです。

 

まとめ

他社に無い機能が豊富なゲーミングチェアや、上下昇降の出来るゲーミングデスクもそうですが、バウヒュッテの「ユーザー目線」は他のメーカーを圧倒しているなと常に思わせてくれます。

 

Bauhutte(バウヒュッテ)のRS-950RRをレビュー!3万円以下で日本人向けの低座面仕様!

Bauhutte(バウヒュッテ)のゲーミング座椅子LOC-950RRをレビュー!3万円以下で買える!

 

他のメーカーが気にかけないユーザーが欲しているものを生み出す事に非常に長けた会社なんですよね。

ダメ着のアイディアは今後、他のメーカーも真似してますます冬のゲーマー必須アイテムになってくる気がします。

ゲーマー以外にも普及する可能性を秘めたGOODアイテムだと思います。

過去のモデルでは売り切れも起こっているようなので少しでも気になった方は是非購入しておきましょう!

 

 

スポンサーリンク