オフィスチェアの試座に行こう「ショールーム」や「取扱い店舗」「選ぶ際の注意点」は?

スポンサーリンク




オフィスチェアを評判だけで選び、いざ購入して座ったら自分の求めていた座り心地とは違ったなんて話はよく聞きます。

良いオフィスチェアを選ぼうと思ったら、失敗を避ける為にも

「実物を観て、触ってみたい」という人も多い事でしょう。

それにオフィスチェアを買う際は必ず試座しといた方が納得して自分の理想のチェアを購入出来ると思います。

というわけで、この記事ではオフィスチェアを実際に試座出来る場所を紹介します。

 

大塚家具

たくさんの高級家具を取り扱っている大塚家具さんだけあって高級オフィスチェアの品揃えも非常に豊富です。

都心なら新宿店がおすすめです。

店内に入るとみんなビシッとスーツを着た上品そうな店員さんばかりで少し気負ってしまいますが、

面倒くさく店員さんが付きまとう事もなく、実際に色々なチェアを試座している間は放っといてくれるのでじっくりいろんなオフィスチェアを試してみる事が出来ます。(担当者さんによって差があるのかもしれませんが)

もちろん店員さんに質問すれば丁寧に説明してくれるので全くわからない人でも自分にあったオフィスチェアを見つけられるはずです。

大塚家具:店舗・営業所

 

オフィスバスター

中古で購入しようと考えているのなら中古のオフィス家具を扱うオフィスバスターさんで試座しても良いかもしれません。

店内にはたくさんのオフィスチェアが所狭しと並んで積み上げてあり、気になったチェアは店員さんに言えば卸して持って来てくれます。

椅子がたくさん積んであるので、通路が狭かったり、試座するためにイスを高いところから降ろしてもらったりと

店員さんと必要以上にコミュニケーションを多く取らないと行けないので

じっくりゆっくり座りたい人には向いていないかもしれません。

また、扱ってるモデルは店舗によって少なからず違いがあるようで、

たとえば新宿店だとヘッドレスト付きのオフィスチェアは殆ど入ってこないそうです。

新品とは違って物によっては中古ならではの使用感も残っていたりするので中古で選ぶ際は参考になるでしょう。

 

メーカーのショールームへ行く

 hermanmiller.co.jpより

 

各メーカーのショールームへ行けば確実にそのメーカーの一押しのオフィスチェアに座る事が出来るでしょう。

カタログなども置いてあるところが多いので帰ってからもう一度振り返って改めて検討できます。

 

ハーマンミラー

アーロンチェアリマスタード、ミラ2チェア、セイルチェア、エンボディチェアなど

ハーマンミラーのショールーム

 

オカムラ

コンテッサセコンダ、バロンチェア、サブリナ、シルフィー、コーラルなど

名古屋、仙台のショールームは予約制です。

オカムラのショールーム

 

コクヨ

ing(イング)、デュオラ、エアフォート、インスパイン、ベゼルなど

東京ショールームは誰でも自由に見学可能。その他は予約制です。

コクヨのショールーム

 

イトーキ

フリップフラップ、スピーナチェア、アクトチェア、セクアチェア、ヴェントチェアなど

予約制です。

イトーキのショールーム

 

ウィルクハーン

イン、オン、ネオス、モダス、FSラインなど

予約制です。

ウィルクハーンのショールーム

 

ウチダ

パルス、セレッツア、キャスト、アクトディア、ルディオなど

予約制です。

ウチダのショールーム

 

エルゴヒューマン

エルゴヒューマンPro、エルゴヒューマンオットマン、エンジョイ、スケートなど

エルゴヒューマン取扱店

 

試座する際気をつける事

使う目的・作業環境を考えて選ぶ

何となく試し座りして、何となく良さそうだから購入しても使う目的や作業環境が合っていなければ、

オフィスチェアの性能を十分に活かし切る事は出来ないでしょう。

例えばオフィスチェアには執筆や、勉強、ノートパソコンなどデスクワークで前傾姿勢になる人の為の

前傾姿勢タイプと、

クリエイターなど長時間椅子に座ったままで作業をするような人がリクライニングしながら

リラックスした姿勢で仕事をする為の後傾姿勢タイプがありますので、

あなたがどちらの目的で使用するのかは最低限頭に入れてから試座した方が

より早くあなたの求めるチェアに出会えますし、ヘタに悩むこともなく時間の節約にもなるでしょう。

 

調整機能は試してみる

ただ単に座って行くだけでは

「どのオフィスチェアも座り心地が良いのはわかるんだけど、何処を決め手に選べば良いのかが判んない」

ってなっちゃうと思います。

なのでそれぞれのチェアの機能を実際にいじってみながら、

売りは何処なのか?

どういう目的の人向けに造られたのか?

を考え理解しながら選ぶ事が好ましいでしょう。

そして何より、

自分の使用目的・体型にあった調整が出来るか?

負担のかからない姿勢をキープ出来ているか?

を調整しながら意識する事が大事でしょう。

 

わからなかったら店員さんに聞いてみる

どうしても決めきれない場合は担当の店員さんに使用目的を伝えて

おすすめのオフィスチェアを紹介してもらいましょう。

チェアの特性をより理解でき、あなたの使用目的と体型、そして予算にあった一脚を選んでくれるはずです。

特にアーロンチェアなんかは体型に合わせてサイズがA.B.Cと3つありますので

迷わず担当者さんの力を借りるべきでしょう。

 

服装

試座する際は出来るだけ厚着は控えて、

コートなどを羽織ってる場合は脱いでから座ってみないと使用感がかなり変わって来てしまうので

羽織っているものは脱ぐなどして室内で実際に使うことを想定した格好で座るのがおすすめす。

あとオフィスではなく、自分の部屋で靴を脱いで使う人は、買った後に座り心地が違うなんて事にならないように、

靴を脱いで座ってみると部屋で使用した時の感覚が掴みやすいと思います。

 

まとめ

例えばネットで購入するオフィスチェアをほぼ狙いを絞って決めていたとしても、あと一歩、購入を踏み切れない場合の後押しとしても試座は役に立つと思います。

座面はメッシュにしようと思ってたけど、クッションの方が実際に座ってみたら良かったなんて発見は試座の段階でしか気づけないでしょう。

このオフィスチェアなら間違いないという確信を持ってから購入したい場合は是非足を運んでみることをおすすめします。

ゲーミングチェアの試座に行こう!メーカー別取扱店舗と選ぶ際のポイントなどを紹介!

2019年3月14日

スポンサーリンク