コスパ最高!のヨギボーショートを紹介。大きさと価格でミディと比較し選び方を解説!

スポンサーリンク




2019年3月、Yogibo(ヨギボー)の新作として「ラウンジャー」、「ドロップ」、「ショート」という3つのヨギボーが発表され新たにラインナップに加わりました。

その中から、ヨギボーでも一番人気のヨギボーマックスの機能性を残しながら、よりコンパクトなサイズとして注目を浴びているYogibo Short(ヨギボーショート)をピックアップ!

 

発売以来売れ行きも好評のようです。

 

ということで、この記事では

  • ヨギボーショートの基本情報
  • サイズの近いヨギボーミディとの比較・選び方
  • 価格

など、「ヨギボーショート」の魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

>>ヨギボーミディはどんな人に選ばれている?おすすめする人や使用環境を紹介!【Yogibo】

 

 

ヨギボードショートの基本情報

 

サイズ

ヨギボーショート
長さ 130cm
65cm
厚み 45cm
重さ 5.6kg
カラー 8色 → 17色になりました!

 

このヨギボーショートを一言で表すのであれば「丁度いいサイズ」でしょう。

「一番人気のマックスもいいけど、少し大きいかな…」という人にまさに丁度いいサイズなのがこのヨギボーショートです。

 

マックスの機能性はそのまま残しながら、よりスリムになったことで部屋での圧迫感も抑えられ、どんな人にでもおすすめ出来るサイズ感を実現したのがこのヨギボーショートと言えるでしょう。

 

 

子供用、一人暮らしにも最適

縦の長さは130cmという事もあり、小さなお子さんが座ったりお昼寝したりするのに最適なサイズ!

大人でもリクライナーとして一人用で利用するのなら十分に頭まで支えてくれるようになります。

 

スリムなので省スペースにもなりますし、持ち運びも簡単。

使用しない時は立てて置いておく事も出来ます。

横にしても縦にしてもマックスより場所をとらないので、一人暮らしのソファや座椅子を検討している方にもおすすめしたいサイズです。

 

ヨギボーミニはどんな人におすすめ?プレゼントにも最適なサイズ!別の選択肢も紹介!

 

 

ヨギボーミディとの比較・選び方

ヨギボーショートは形状的にはヨギボーミディと非常に近いので、どちらを購入しようか迷っている人もいるかと思います。

 

まずはサイズで確認してみましょう

ヨギボーミディ
長さ 125cm
70cm
厚み 45cm
重さ 5.9kg
カラー 17色

 

ヨギボーショート
長さ 130cm
65cm
厚み 45cm
重さ 5.6kg
カラー 8色 → 17色

 

「ミディの方が少し幅があって、ショートの方が少し縦長、そしてショートの方が少し軽いんだな」ってことがわかってもらえるかと思います。

 

実際に、ショートとミディの見た目は、ショップの店員さんも触って真っ直ぐ立て直してみないとわからないくらいそっくり。

 

実際に座り比べて自分の使用環境に相応しい方を選んでみるのがベストな方法ですが、ヨギボーストアに足を運べない人のために、実際にヨギボーストアの店員さんに「ミディとショートの選び方」を伺ったところ以下のようなご返答をいただきました。

  • ヨギボーを縦にして(リクライナーとして)座ったときに横幅にゆとりが欲しい場合はミディ
  • 縦にして座ったときに頭部によりゆとりが欲しい場合はショート 

 

上記がミディとショートを選ぶ際の最大のポイントといえるでしょう。

 

また、カラーに関してはミディの方が17色と多めです。

ショートに関しては新作なのでまだ8色しかありませんが、既に公式サイトのランキングに載るくらい人気が出てきているようなのでそのうちカバーの取り扱いも増えることでしょう。

追記:ヨギボーショートのカバーのカラーがミディと同じ全17色になりました!

今後はますますショートの人気が上がっていきそうですね!

 

持ち運びはショートの方がやや楽

また、女性や子供の持ち運びの点では、ショートの方が幅が5cmスリムで0.3kg軽いのでショートの方が持ちやすく若干有利。

 

二人がけのソファーとして使うならミディの方が高さが出る

2人がけソファーとして横に倒して使用する頻度が多いのであれば、幅のあるミディの方が倒した際の背もたれが高くなるので若干向いているように感じます。

 

ヨギボーミディに関しては>>ヨギボーミディはどんな人に選ばれている?おすすめする人や使用環境を紹介!【Yogibo】の記事を参考にしてみてください!

 

 

ヨギボーマックスと悩んでいる場合の選び方は?

ちなみにヨギボーショートとヨギボーマックスで悩んでいる場合、以下の全ての項目に当てはまる場合は迷わずヨギボーマックスを購入することをお勧めします。

  • ヨギボーマックスを購入する資金がある
  • ヨギボーマックスを置けるだけの十分な部屋のスペースがある
  • 複数人で利用する

反対に、上記に当てはまらないのであればヨギボーショートを検討してみましょう。

 

 

 

 

 

ヨギボーショートの価格、ミディとの比較

ヨギボーショート 22,800円(税抜き)

 

お次ぎは価格で比較してみましょう。

ヨギボーショートのお値段は22,800円(税抜き)。

25,800円(税抜き)のヨギボーミディと比べるとショート方が3,000円もお安くなっています。

サイズがほとんど変わらない事も考えると、この3,000円の差は結構大きく感じますね。

 

よって、ショートは縦にして一人で座る事が多い人にとって一番そのサイズの魅力(縦長)を発揮してくれるヨギボーなんじゃないかと思います。

ミディより横幅が無い分、部屋のスペースを取らないのも嬉しいところ。

 

そしてミディと悩んでいるけど、より値段を抑えたいって方にもコストパフォーマンスの高いショートは最適なヨギボーと言えるでしょう。

 

オススメの購入方法

購入するならヨギボーの公式オンラインサイトがオススメ!

Amazonや楽天市場でも扱っていますが、検索の仕方によってはそっくりなビーズソファが一緒に並んで表示されるのであまり詳しくない人だと間違えて購入してしまうリスクがあります。

また、店舗だと待ち時間が長いのと、サイズが大きいと持ち帰りが大変なので公式サイトで発送してもらった方が遥かに楽ですよ。

 

 

 

ヨギボーサポートなどオプションとの相性も抜群!

ショートはヨギボーサポートやキャタピラロールといったオプションとの相性も抜群で、一緒に購入しすれば肘掛けのあるソファーとしてショートをより快適に利用出来るようになります!

店舗でもショートとサポートの組合わせは得に人気のようで、肘をしっかり支えた状態で読書やゲームをしたい人にもおすすめ。

肘掛けがある分、ヨギボーならではの起き上がりの難しさも改善されますよ。

 

ヨギボーサポートに関する詳しい解説は>>同時購入がおすすめ、ヨギボーサポートの魔力!口コミで授乳用クッションとしても話題!を参考にしてみてください。

 

 

 

ショートはプレゼントにも最適!

ヨギボーならギフト券にしてプレゼントする事も出来ます!

ギフト券で渡せるので持ち運びに困る事もありません!

ヨギボーショートのギフト券Yogibo公式サイトで購入可能!

もちろん他のヨギボーのギフト券も購入出来ますよ。

 

関連:ヨギボーをギフト券でプレゼントしよう!沢山のメリットと覚えとくべき注意点をチェック!

 

 

まとめ

一番人気のマックスだからこそ聞こえてきた、もう少し小さいヨギボーが欲しいという声に答える形で生まれたであろうヨギボーショート。

2019年の発売以降、日に日に人気が増して行っている印象を受けます。

スリムでおしゃれなショートをお部屋に置いて、快適なヨギボーライフを送ってみては?

 

 

>>ヨギボーポッドの評判がいい秘密は?マックスやミディと悩んでいる人へ比較とアドバイス!

>>ヨギボーミディはどんな人に選ばれている?おすすめする人や使用環境を紹介!【Yogibo】

>>ヨギボーマックスの口コミの評判が良い理由!使い方と欠点、2人でも楽々座れる大きさ!

>>大人気、眠れる座椅子CLOUD(クラウド)はまるで雲の上にいるような座り心地でおすすめ!

 

スポンサーリンク