【レビュー】AK RACING「OVERTURE」はどんな人におすすめ?NITROやWOFLと比較検証!

スポンサーリンク




「E-SPORTS」の人気もあり、家庭での普及も増えている「ゲーミングチェア」

今回はその中でも、DXRACERと並び人気を博す「AK RACING」のゲーミングチェアから、

「OVERTURE」を実際に試座してみた感想を紹介したいと思います。

 

 

ワンピースとコラボ!AKRacing ONE PIECEシリーズが登場!【注目ゲーミングチェア】

 

AKRACING OVERTUREを体験(他のシリーズとの違いは?)

まず結論から言うとOVERTUREの他にも、AK RACINGのモデルである「WOLF」、「NITRO」「PRO-X」、「PREMIUM」を体験しましたが全てを試座してみて、結果的に一番気に入ったのは「「WOLF」」でした。

その理由とレビューは下記の記事を参考にしてください。

akracing wolf 正面写真

AKRacingで一番おすすめのゲーミングチェア「WOLF」を体験レビュー!コスパもよし!

2019年2月15日

といっても今回紹介する「OVERTURE」も非常に好印象のゲーミングチェアでしたので、その感想を紹介していきたいと思います。

 

OVERTUREはどんなゲーミングチェア?

まずOVERTUREのみならずAK RACINGのゲーミングチェアに搭載されている基本的な機能は以下の通り

  • 最大で180°のリクライニング
  • 昇降機能付きアームレスト
  • 12°のロッキング機能

 

NITRO同様、上記のようなAK RACINGのスタンダードモデルの基本機能を踏襲しながらが、よりカラーバリエーションに幅がでたのがこのOVERTUREといえるでしょう。

180度リクライニング出来るのはAKRACINGの大きな魅力。

このメーカーのゲーミングチェアを選ぶ大きなポイントになるでしょう

150kgまで耐える耐久性があるからこその機能と言えます。

このOVERTUREはAK RACINGのなかでも都内で扱っている店舗の少ないこのモデルですが、実際に座ってみて気に入った点、気に入らなかった点も含めて感想をまとめてみました。

 

OVERTUREの良い点

  • カラーバリエーションが多い
  • 控えめなカラーリング
  • アームレストが若干高い
  • NITROより座面幅にゆとりがある

 

カラーバリエーションが多い。

画像引用:AK RACING公式

カラーバリエーションはAK RACINGで一番多い6色!

この選べる楽しさが「OVERTURE」の最大の魅力でしょう。

基本の赤白青はもちろん、ちょっと珍しいパープルなど、定番の色はちょっと…という人におすすめしたいカラーもあります。

中でもピンクカラーはゲーミングチェアを検討している女性の方にもおすすめです!

 

控えめなカラーリング

NITROやWOLFだとすこしカラーの主張が強すぎる、という人でもOVERTUREは少しカラーの主張が控えめなのでゲーミングチェアでも比較的大人びた印象を与えてくれるでしょう。

好みは分かれるでしょうが、同じレッドカラーやブルーカラーでもカラーがキツすぎないところがOVERTUREのカラーの魅力です。

 

アームレストが若干高い

「OVERTURE」のアームレストの高さは35cm〜42cmと、AK RACINGの中で最も高いのも特徴。

NITROは28cm〜35cmしか調整出来ないので、数字だけ見ると7cm高く調整出来るという事になります。

ただ実際に座ってみると7cmほどの差はなく、若干OVERTUREの方が高く設定出来るというくらいので、頭の片隅に覚えておくくらいで良いでしょう。

 

ちなみに、ゲーミングデスクも検討しているのであれば、天板の高さをアームレストと合わせられる昇降式がおすすめですよ!

おすすめの昇降式ゲーミングデスク4選【2019年版】これを購入すれば間違いなし!

 

 

NITROより座面幅にゆとりがある

OVERTUREの座面幅は39cmあり、37cmのNITROよりも若干広いです。

正直はっきりとした差が感じられるような違いではありませんが、太腿がサイドに接触するのがイヤであったり、少しでも座面幅にゆとりが欲しいのであればOVERTUREがおすすめでしょう。

ちなみにこれはPRO-Xシリーズと同じ座面幅になりますが実際に座ってみるとPRO-Xほどはゆとりは感じないでしょう。

ちなみに最も安いWOLFも座面幅が39cm。

座面のゆとりに関しては、PRO-X > OVERTURE > WOLF > NITROくらいの感じで覚えておきましょう。

WOLFはファブリックシートで太腿への接触がソフトなので人によってはOVERTUREよりゆとりを感じるかもしれません。

個人差もあるので可能なら実際に試座する事をおすすめします。

 

OVERTUREの気に入らなかった点

  • WOLFやNITROと性能は変わらないが値段が高い
  • PUレザーは好みが分かれる

 

WOLFやNITROと性能は変わらないが値段が高い

はっきり言って機能面では良い点あげた若干の違い以外はWOLFやNITROとは大きな差はないように感じました。

それでも、お値段がNITROと比べて7,000円も高くなってしまうのは少し気になる点です。

ただ性能的にはゲーミングチェアとして申し分ないので、カラーがこちらの方が好みであったり、NITROでは少し小さく感じるという人はOVERTUREの方が満足出来るでしょう。

基本的に160cm以上〜180cmの細身〜普通体型までの人あれば快適に利用出来るのではないかと感じました。

 

PUレザーは好みが分かれる

シートはPUレザーになります。

個人的に、「WOLF」が一番気に入ったのは、機能的にWOLF、NITRO、OVERTUREにそれほどの差が無く、尚かつ私自身がファブリックのシートの方が好みであり、全モデルでお値段も一番安かったためです。

これに関してはPUレザーもファブリックも一長一短なので、素材の特性を理解した上で自分の好みのシートのモデルを選ぶのが良いでしょう。

OVERTUREで使用されているPUレザーの特性、お手入れ方法など詳しい内容は下記の記事を参考にしてみてください

合成皮革とは?PVCとPUレザーの違い、お手入れ方法やおすすめの専用クリーナーを紹介!

2019年2月25日

 

前傾姿勢での使用には向かない

ちなみにAK RACINGのゲーミングチェアは前傾リクライニング機能がついていないため、前のめりの作業には適していません。

どうしても前のめりの姿勢で使用したいと考えているのであればE-WINの2019年シリーズがおすすめです。

E-WINの2019年シリーズ「D9」は2万円台のゲーミングチェアで一番おすすめ!レビュー

 

OVERTUREの口コミ・評価

というわけでTwitterでのOVERTUREの口コミを拾ってみました。

 

 

 

 

SNSではOVERTUREとPRO-Xで迷っているというコメントも結構ありましたが、

PRO-Xの方が座面にゆとりがあったり、アームレストが上下昇降以外にも左右の角度調整や前後左右へスライド出来る4Dアームレストになっていたりといったところに違いがあります。

詳しくは、AKRACING ゲーミングチェア「PRO-X」を体験レビュー!人気モデルはこんな人におすすめ!!の記事を参考にしてみてください。

 

まとめ、OVERTUREをおすすめするのはこんな人

という事でゲーミングチェアとしてはこれといった大きな不満は感じなかったOVERTURE。

PUシートも他のメーカーと比べると柔らかいですし、なんといってもカラーバリエーションが豊富ですので、「この色が欲しかった!」というものがOVERTUREにあるのならば、身長が 160cm〜180cmの細身〜平均的な体型の人であれば満足して使用出来るのでないかと思います。

フィット感はある程度あるほうがいいけどNITROだとちょっとホールド感が強過ぎるって人にもおすすめです。

都内でも試座出来る場所が非常に少ないモデルですので試座する際はしっかりと販売店を確認してから伺うと良いでしょう。

ゲーミングチェアの試座に行こう!おすすめメーカーと選ぶ際のポイントなどを紹介!

 

ちなみにワンピースとコラボしたONE PIECEシリーズのサイズはOVERTUREと近いのでOVERTUREのサイズも好きでONE PIECEも好きだって人はチェックしてみてください!

ワンピースとコラボ!AKRacing ONE PIECEシリーズが登場!【注目ゲーミングチェア】

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク