【タンスのゲン】CYBER GROUNDのゲーミングチェア の評判。1万円で高機能!

スポンサーリンク




ゲームに勉強にテレワークにと、その機能性の高さから需要が増え続けているゲーミングチェア。

 

有名なメーカーだと最低2〜3万円くらい出さないと購入できない為、予算1万円台の人だとどれを購入して良いのか迷っている人もいるかと思います。

 

この記事では、1万円台で機能性に優れたゲーミングチェアが欲しいと考えている人に「CYBER GROUND」のゲーミングチェア「GENESIS」をご紹介。

 

 

先に言ってしまうと、1万円台の中では珍しい日本企画のゲーミングチェアで、機能も1万円台で購入できるとは思えないほど充実しているゲーミングチェアです。

その魅力やラインナップ、購入するならどこがオススメかなど詳しく解説していきたいと思います。

 

 

DowinxのゲーミングチェアLS-6688をレビュー!評価や評判は?

 

 

CYBER GROUND GENESIS(サイバーグラウンド)の魅力

まずは、CYBER GROUNDのゲーミングチェアの魅力から解説していきたいと思います。

 

 

安心の日本メーカー

ゲーミングチェアといえば沢山のメーカーから発売されていますが、圧倒的に多いのが中国のメーカーです。

 

しかし、CYBER GROUNDは家具・寝具・家電・インテリア用品等のインターネット通販事業を行なっている日本のメーカー「タンスのゲン株式会社」から発売された日本企画のゲーミングチェア。

 

ゲーミングチェアはどこのメーカーもパーツが中国をはじめとした海外での大量生産になるためどうしてもハズレ(初期不良やパーツ不足)を引く可能性があります。

 

そんな時、外国のメーカーだとやりとりが上手くいかずさらにトラブルになるという例も。

 

しかし、日本のメーカーなら万が一商品に不備があった時もカスタマーセンターでは日本人が対応してくれることを考えると安心感が違います。

 

また、海外メーカーの製品だと説明書の日本語がめちゃくちゃで役に立たないといった意見もよくありますが、日本企画であるCYBER GROUNDなら説明書を読みながらしっかり組み立てることができるでしょう。

 

 

日本メーカーでトップクラスに安い(価格)

そして驚くべきがCYBER GROUNDのゲーミングチェア GENESISのお値段。

CYBER GROUND GENESIS(商品番号68800000)
価格15,800円(税込)

 

なんと1万円台で購入することができす。

日本のメーカーから企画されて販売されていることを考えるとかなりお安いといって良いお値段と言えるでしょう。

 

恐らくタンスのゲンには上海オフィスがあるので中国でのパーツの製造も上手く連携を取りコストを抑えながら行えているのだと思います。

 

 

1万円台で4Dアームレスト搭載(多機能)

CYBER GROUNDのゲーミングチェア GENESIS(ジェネシス)の最大の魅力は何と言っても1万円台ながら上下昇降、前後、左右そして角度調整まで出来る4Dアームレスト(肘掛)を搭載しているところでしょう。

 

1万円台なら、上下昇降もしくは角度調整といった1〜2箇所ほどの調節しかできないメーカーが殆ど。

ゲーミングチェアの2大メーカーであるAKRACINGやDXRACINGでも4箇所調節できるアームレストは4万円台のモデルにしか付いていない機能です。

 

そういったことを考えると1万円台で、しかも日本のメーカーが売り出しているゲーミングチェアに4Dアームレストが搭載されているのはかなり驚くべきことでしょう。

 

※日本メーカーですが、CYBER GROUNDのパーツの生産は中国で行なっています。

 

カモフラ柄

レッドやブルー、ブラック、ホワイトといった定番カラーはもちろん、ゲーミングチェアとしては珍しいカモフラ柄も選べるのもCYBER GROUNDの魅力。

 

 

CYBER GROUNDのカモフラ柄は白黒のモノクロっぽいカラーリングなのでカモフラでも少し落ち着いた雰囲気があるのも魅力。

1万円台でカモフラ柄のゲーミングチェアは中々珍しいのでこの点も人気の理由と言えるでしょう。

 

 

追記:2021年3月20日〜3月23日(火)まで新生活セールが開催!

CYBER GROUNDのゲーミングチェアもセール対象です!

早期終了もあり得ますのでこの機会をお見逃しなく!

 

CYBER GROUNDのゲーミングチェアの種類・選び方

CYBER GROUNDのゲーミングチェアといっても、実は肘掛が可動しない固定肘タイプのものや3Dアームレストタイプのものなど旧タイプが数種類存在します。

 

ただ、個人的には2021年の時点でオススメなのは、やはりお値段も安くて4Dアームレストを搭載しているGENESISです。

 

 

CYBER GROUNDのゲーミングチェアで4DアームレストのGENESISシリーズは以下の通り

 

GENESIS


最初にご紹介したこのシリーズのノーマルモデル。

1万円台ながら4Dアームレストが付いているコスパに優れたゲーミングチェアです。

 

 

GENESIS PRO(フットレスト付き)


リラックスしたい時は足を伸ばしたい人にはフットレスト付きのGENESIS PROがオススメです。

フットレスト付きでも1万円台で購入できるのは嬉しいところです。

 

 

GENESIS FABRIC(フットレス付き&ファブリックシート)


フットレス付き&ファブリックシートのGENESIS FABRIC(ジェネシスファブリック)は通常のPUレザーシートよりも通気性に優れているのが魅力。

PUレザーよりもカラーリングが落ち着いているので部屋に馴染ませやすいのもメリットです。

価格もPUレザーのフットレスト付きよりも安くてコスパの高いモデル。

1万円台でフットレストまでついている4Dアームレストのファブリックシートのゲーミングチェアって(私の記憶が正しければ)2021年1月の時点ではこれだけしかないと思います。

 

 

GRANTZ PRO(ゲーミング座椅子)


ローテーブルを使用していたり、テレビ台の位置が低い人には脚を取り除いたゲーミング座椅子タイプがオススメです。

1万円以内で購入できながら4Dアームレストのゲーミング座椅子は恐らくこのGRANTZ PROだけ。

もちろんカモフラ柄も選べます。

 

 

CYBER GROUNDの評判

Amazonや楽天市場のレビューを読むと、やはり低価格ながらテレワークなどでも機能性を発揮できる4Dアームレストがついているところが選んだ理由として多いようです。

さらに、シートのカラーリングとしては珍しいカモフラ柄が気に入って選んだ人も。

 

テレワークで購入人もいれば、オンライン授業も増えているためか息子用に購入したという意見が多い印象を受けました。

お値段的にも子供に買ってあげやすいゲーミングチェアとしても人気なようです。

 

 

また、商品に不備があった場合のショップの対応の良さなどを評価する声もいくつか見受けられました。

ここら辺もさすが日本メーカーといったところでしょう。

 

組み立てに関しては大体1時間くらいかかる人が多いようです。

 

 

購入するならどこがおすすめ?

CYBER GROUNDは実店舗では購入することができないのでオンラインで購入することになります。

 

扱っている店舗は楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなど。

 

私が調べた限りだと「楽天市場のタンスのゲンオンラインショップ」が一番CYBER GROUNDのゲーミングチェアのラインナップが揃っています。

 

特に、4Dアームレストでフットレスト付き(ファブリックシートも含む)のCYBER GROUNDのゲーミングチェアが欲しい場合は楽天市場でしか扱っていませんので覚えておきましょう

(※2021年1月の時点での情報になります)

 

 

追記:2021年3月20日〜3月23日(火)まで新生活セールが開催!

CYBER GROUNDのゲーミングチェアもセール対象です!

早期終了もあり得ますのでこの機会をお見逃しなく!

 

 

 

1万円台のオススメゲーミングチェア筆頭(まとめ)

この記事ではタンスのゲンの「CYBER GROUND」のゲーミングチェアを紹介させていただきました。

 

安心の日本メーカーで、フットレスト付きもファブリックもゲーミング座椅子タイプも選べるという、充実したラインナップはCYBER GROUNDならではの魅力。

 

1万円台で4Dアームレストを搭載したゲーミングチェアを買いたいという人にとってはCYBER GROUNDのゲーミングチェアはかなり有力な候補と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

GALAXHEROのゲーミングチェアの評判は?各モデルの違いと選び方を解説。

GTRACINGのゲーミングチェアGT002とGT099をレビュー!評価は?

EXRACINGのゲーミングチェアは2万円以下で安心の日本企画!(口コミ・評判)

スポンサーリンク