コンテッサセコンダをレビュー!オカムラ人気モデルの後継機、初代との違いを体験比較!

スポンサーリンク




日本人の体型にあった上質のオフィスチェアを作り続けている事で知られる

日本が誇るオフィスチェアメーカー「オカムラ(岡村製作所)」の最高峰とも名高い

「コンテッサ」の後継機として誕生した「コンテッサ セコンダ」

 

 

コンテッサセコンダになってどこが変わったのか?

その特徴や、初代コンテッサとの比較、実際に試座してみた感想などを紹介します。

 

コンテッサの機能・特徴

まずは特徴に付いてまとめてみました。

 

オカムラ/コンテッサ セコンダ(ヘッドレスト有り)
サイズ  幅65-70.2x奥62-67x高さ117-127cm/座面高さ42-52cm/肘高さ59-79cm
本体重量  30 Kg
カバー材質  メッシュ
材質  スチール・金属

 

受賞・認証

グッドデザイン賞

グッドデザイン賞(シカゴ建築・デザイン博物館)

レッドドットデザイン賞

The German Design Award 

 

初代コンテッサは2002年にオカムラとジウジアーロ・デザインとのコラボレーションにより誕生。

オカムラの世界にも通用する日本製のオフィスチェアとして愛されてきました。

 

初代コンテッサとの違いは?

耐久性が大幅にアップ


出典:okamura.co.jp

コンテッサ セコンダは、

その長年愛されて来たフォルムはそのままに、機能と強度が格段にアップグレードされています。

セコンダの想定体重は初代コンテッサの1.2倍に。

もともと、世界でも高評価を受けて来たコンテッサだけに、

より海外の大きいサイズの人にも対応出来る高強度を実現したという事ですね。

 

フレームも進化

より薄さを追求しシャープになった背フレームは適度な柔軟性も合わせ持ち、

身体の動きを追従してサポートしてくれます。

座フレームはリング構造になり柔軟性が向上すると共に、座面のホールド感もアップ。

より安定感のある座り心地を感じる事が可能になりました。

 

メッシュ・クッション

メッシュ

Contessa IIでは、より透過性が高く、軽やかさを演出する「背メッシュ」と、手触りの良い糸を縦横両方に組み合わせ、 どの方向から触れても心地よい「座メッシュ」を新たに開発。

伸縮性と強度が上がり、

よりサポート力があり、破れにくい上質なメッシュを作り出す事に成功したオカムラ。

メッシュカラーも時代のトレンドに合わせて初代とはトーンと色相が変わっています。

 

異硬度クッション


出典:amazon.co.jpより

また、クッションタイプの場合は異硬度クッションを採用。

シルフィーやサブリナなど、

ここ最近で発売されたオカムラ製品のクッションに必ず異硬度クッションが採用されているのは、

オカムラがそれだけこの座面に自信を持っていることの現れでしょう。

3種のウレタンを使用し、前方は太腿を圧迫しないようにやわらかめ、

お尻は臀部をしっかりとサポートするために硬めのクッションを採用しより快適な座り心地を演出しています。

 

コンテッサと言えばスマートオペレーション

初代コンテッサから引き継がれているこのモデルの特徴的な機能と言えば

エルゴノミクスに基づき生み出された「スマートオペレーション」です。

アームレストに付いた左レバーを引けばリクライニング角度の調整と固定が、
右レバーを引けば座面の上下移動の調整が座ったままの状態で簡単に行う事が出来ます。

ちなみに同じスマートオペレーション機能を備えているモデルは

初代コンテッサと、同じくジウジアーロ・デザインとコラボレーションした

「サブリナ スマートオペレーション」というモデルがあります。

スマートオペレーション機能が気に入った場合は互いに背フレームの構造が違うので、
試座して比べてみる事をおすすめします。

値段で選ぶ場合はサブリナ スマートオペレーションの方が若干安いですが、
サブリナの場合は座面が異硬度クッションしか選べませんのでメッシュでお探しの人は注意しましょう。

サブリナは2タイプあり、サブリナスタンダードにはスマートオペレーション機能は

付いていませんのでご注意ください

ちなみにコンテッサはアームレストを使って操作するので他のオフィスチェアのように、
アームレストなしのタイプはありませんので注意しましょう。

 

コンテッサ セコンダで調整出来る機能

  • 座面位置の上下調節
  • リクライニング固定
  • リクライニングの強弱調整
  • 座面の前後スライド調整
  • アームレスト高さ調整
  • アームパッド角度調整
  • ランバーサポートの調節
  • ヘッドレストの角度調節(小型ヘッドレストのみ)

 

 

詳しい操作方法はオカムラ公式の動画で確認ください。

動画は初代コンテッサですが操作はほぼ一緒です。(アームパッドだけ若干違います)

Contessa 使用説明
株式会社オカムラより

 

コンテッサには大型ヘッドレストと小型ヘッドレストの2タイプあります。

後にも述べますが、個人的に試した感じだと大型ヘッドレストの方がオススメです。

 

実際に座ってみた感想

 

見た目

明らかに変わったのは初代コンテッサと比べると背もたれと座面のメッシュの透過性が上がっており、
正面から見ると後ろのフレームが初代よりもよく透けて見えます。

通気性は初代よりさらに良くなってそうですし、透けている分、部屋に置いた時の圧迫感が初代よりは
多少緩和されるでしょう。

フレームも良く観ると確かに細くなっているのですが、ぱっと見で初代コンテッサとセコンダを見分けるには
メッシュの透け具合いで判断するのが一番わかりやすいかもしれませんね。

それだけ形の面では初代から完成されているという事でしょう。

あとメッシュの色はトレンドで選んだだけあって2002年に発売された初代よりもオシャレで
落ち着いた色が揃っています。

 

座り心地

座り心地は座面はメッシュと異硬度クッションで大分変わると思います。

メッシュに関しては、170cm台の私はまさに最適のフィット感でしたが、

体重の軽い人なんかは少し硬いと感じる人もいるかもしれませんので試座ってみる事が大事かと思います。

それでも初代コンテッサと比べるとメッシュのフィット感はさらに優しく、硬さも和らいだ様に感じました。

異硬度クッションは初代にはない選択肢の一つ、

シルフィーやサブリナなど、2010年代に登場したオカムラの人気オフィスチェアの

定番クッションとなっており、その座り心地は折り紙付き。

しっかりと身体を支えてくれるので腰にも負担がかからず座り心地抜群です。

通気性でいえば断然メッシュでしょうが、

身体が冷えやすく、メッシュじゃ寒いかもなんて人はクッションの方が適していると思います。

 

スマートオペレーション

スマートオペレーションは初代コンテッサの感想でも紹介しましたが、

コレだけで買う価値のある便利な機能です。

セコンダでは耐久性がさらに増しているので、初代より多くの人がこの機能を実感出来ているんでしょうね。

 

ヘッドレスト


出典:amazon.co.jpより

こちらも初代コンテッサの感想で述べましたが、

コンテッサには小型ヘッドレストと大型ヘッドレストがあります。

ただ、ヘッドレストについてはセコンダになって大きく改善した点がありませんでした。

個人的には全く問題なく使用出来る大型ヘッドレストですが、
固定式で調整が出来ないので使う人の体型によっては当たる位置が悪く不便に感じるかもしれません。

後継機なので大型ヘッドレストが可動になってくれる事に期待していた人は結構多かったことでしょう。

また、小型のヘッドレストは角度が調整出来ますが、頭を置く面積が小さく、
頭の位置が完全に固定される感じがするので個人的にはあまり好きではないです。

ただどちらかを選ぶなら、個人的には断然大型ヘッドレストです。

尚、オカムラのバロンチェアは大型ヘッドレストが可動式なので
ヘッドレストで探している人は候補に入れてみてはいかがでしょう。

 

まとめ、コンテッサかコンテッサ セコンダどっちを買うべき?

というわけでコンテッサ セコンダはこんな方におすすめです。

コンテッサ セコンダはこんな人におすすめ!

  • 使いやすい調整機能を求める方に
  • クリエイターなど長時間後傾姿勢で作業をする人
  • オフィスチェアで仮眠を取りたい人
  • 首が凝りやすい人(要ヘッドレスト)
  • 1日8時間以上デスクで働く方に
  • 体型が大きく、なかなか自分にあったチェアが見つからない人

 

またフローリングで使用する人はウレタンキャスターに変更することをおすすめします。

 

 

初代コンテッサとコンテッサセコンダ、

今買うならどちらを選ぶべきなのか悩んでいる人もいると思いますが、

初代コンテッサとあまり値段に差がないので迷わずセコンダを購入すべきでしょう。(扱っている店舗で多少の差があります)

セコンダは耐久性が上がっている分、より長く使えるようになったとも言えるでしょうし、
2002年の初代と比べると細かいところが改善され、

現状、セコンダが初代より劣っている点は見当たらないので、
「メッシュの色が初代の方が好みだった」とか、特別な理由がない限りはセコンダをおすすめします。

ここでおすすめしたオフィスチェアでも個人の体型や相性によっては合わない事もありますので、
お近くのオフィスチェアを扱うショールムや店舗で自分の身体を使って試座してから決める事をおすすめします。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。