オフィスチェアのおすすめ購入サイトを紹介!試座できない地方在住者のネット購入方法!

スポンサーリンク




地方在住者はなかなか試座ができない!

機能の充実した本格的なオフィスチェアを購入したいと考えると、5万円でやっと中価格帯、

高価格帯の上位クラスのものだと10万円以上が当たり前の世界なので、このサイトでも出来る事ならオフィスチェア(もしくはゲーミングチェア)の購入の前には試座した方が良いと推奨しています。

しかしながら、中には地方に住んでいて近くに試座する場所が無いと悩んでいる人もいる事でしょう。

遠征してでも試座するというのは賢明な判断だと思いますが、予算など様々な事情でネットの情報で選ぶしかないという人も沢山いると思います。

今回はそんな、ネットで購入するしかない人が出来るだけ安心してオフィスチェアを購入するために、

オフィスチェアをネットで購入する際の理想的な選び方を提案、

そしてネットでオフィスチェアを購入する際のおすすめサイトを紹介します。

 

オフィスチェアをネットで購入する際の理想的な選び方

「アーロンチェアが有名だから間違いないはずだ」

といった感じで知名度だけでオフィスチェアを選ぶと、いざ買ってみたもののチェアが自分の体型や使用目的と合致せず、そのオフィスチェアの性能を最大限に発揮出来ずに高価な椅子を持て余すなんてことになりかねません。

そのため購入するオフィスチェアを決定する際は最低でも以下の2点に気をつけて選ぶ事をおすすめします。

それは…

  • 使用目的
  • 体型 

 

 

使用目的・環境

自分の使用目的(ワークスタイル)をしっかりと理解して探す。

前傾姿勢での作業が多いのであれば「前傾チルト機能」のついた前傾姿勢タイプのオフィスチェアを探すべきですし、ゆったりとした姿勢で作業するのであれば後傾姿勢タイプのオフィスチェアを探した方がよりリラックスして使用出来るでしょう。

どっちもって場合は、使用目的の比率的に多い方のタイプを選ぶか、前傾チルトがついていながら後傾姿勢でもある程度機能を発揮してくれるタイプを探す必要があります。

その他にも、

「背もたれはクッション、それともメッシュにすべきか?」

「自分の使用目的にヘッドレストは必要か?」

「アームレストはつけるべきか?」

「気になっているチェアのアームレストは自分の使っているデスクの高さに合うか?」

など、自分の使用目的と使用環境に合わせて良く考えて選択する事が大事でしょう。

 

体型

また、ネットといえどもある程度はオフィスチェアが自分の体型に合っているか把握してから購入するべきです。

特に体型が一般より小柄だったり反対に大柄の方は製品のサイズでの失敗することが多いと思います。

最低でも地面から座面までの高さや、座面の横幅、奥行き、背もたれの幅、高さをご自宅の椅子を使って比較し、いざ購入してから自分のサイズと合わないなんて事態にならないようにしましょう。

サイズの確認方法は、Amazonや楽天など各購入ページに表記してある事が多いですが、各メーカーのオフィシャルページに載っている場合もありますし、公式から欲しい商品のカタログを取り寄せてもいいでしょう。

 

どちらもネットで選ぶと言うことで他者の信頼出来そうな情報をネットを通して取り入れて判断しないと行けないので、試座で実物に触れるよりもどうしてもリスクはあります。それ故に慎重に選ぶ事が重要になってくるでしょう。

 

ネットで購入する際のおすすめサイト6選

という訳でここからはネットで購入する際のおすすめ出来るサイトをいくつか紹介したいと思います。

それぞれの店舗に特徴がありますので、

店舗の人が相談に乗ってくれところがいい、

設置をしてくれるところがいい、

いらなくなった古いチェアを持ち帰ってくれるところがいい

送料は無料がいい。

Tポイントが使えるところがいい

など、自分が購入する上で不安に思っている事が解決しそうな店舗を選ぶ事をおすすめします。

 

WORKAHOLIC

関東地方で10万円クラスのオフィスチェアを探している人なら一度は聞いた事があるかもしれない有名店。

店舗ではチェアコンシェルジュという専門職の人がおり、使う人の最適の一脚を選んでくれるます。

ネットでは公式オンラインショップ(楽天市場)があり、ユーザー評価も2000以上で星評価4.5以上の優良店、

お取り扱い商品・配送サービス・評判の良いアフターケアは店舗で購入した場合と同一のサービスを受けられます。

楽天ユーザーで楽天ポイントが貯まっているのなら少し安く購入する事も。

20kg以上あるオフィスチェアの設置+梱包材回収のサービスもあり、女性でも安心して購入出来るでしょう。

WORKAHOLIC楽天市場はこちら

 

アーロンチェアの庄文堂

創業1936年の実績を誇るハーマンミラー製品の正規販売店。

ハーマンミラー社から優良販売店のみが授与されるDealer Sales Performance Awardを7回受賞している事からもその対応の丁寧さは折り紙付きです。

庄文堂公式サイトの他にも楽天公式オンラインショップ、Amazonにも出品しているのでポイントの溜まっているところで購入するという方法も取れます。

アーロンチェアを初めとしたハーマンミラー製品の取り扱いに長けており、不要チェアの下取りなども行なっています。

公式サイトやブログでチェアの選び方やお手入れ方法を詳しく説明してくれているので購入後も非常に助けになりますし、ネットでの購入でも公式サイトの「お問い合わせから」メールで連絡すればスタッフの丁寧なアドバイスも頂けます。

学生、教務員は一部ハーマンミラー製品が割引されるガク割 もあり!

アーロンチェアの庄文堂の公式サイトはこちら

 

Amazon

ど定番ですが、商品やメーカーによってはAmazon価格でお安く売っている事があるのでチェックしておく価値はあります。

ポイントの溜まっているAmazonユーザーであればポイントを使って少し安く変えますし、タイムセールやAmazonプライム会員になりAmazonプライムデーなどを狙って利用すれば通常よりも安く購入出来るチャンスもあります。(オフィスチェアが安くなる事はまれですが…)

Amazonプライム会員の詳細はこちら

Amazonで出来るだけ安く買いたい!便利ツール【Keepa】で値下げのタイミングを狙おう!

2019年3月3日

 

Kagg jp

オフィス家具を中心とした商品の品揃えは国内最大級の50万点以上。

年と販売専門店で店舗を持っていないので全ての商品がメーカー直送になり、送料がかからないのが嬉しいところ。

専門スタッフが組み立てから設置(一部商品を除く)まで行なってくれます。

Kaggレンタルという新品オフィスチェアをレンタル出来る独自のサービスも行なっています。

2年間レンタルし続ければ貰い受ける事も可能。

Kagg jp公式サイト

 

ASUKUL / LOHACO

二つともASUKULにより運営されておりASUKULは法人向け、LOHACOは個人向け通販サイトになります。

ASUKUL

中小企業の間ではオフィス用品を取り扱う会社として知らない人はいないのではないかというASUKULですが、オフィスチェアの取り扱いも非常に多く、1万円以下のオフィスチェアから10万円以上のものまでバリエーション豊かに取り揃えています。

こちらも1,000円以上のお買い物で送料が無料になるので、オフィスチェアはほぼ間違いなく送料無料になるのが嬉しいところ。

購入した数量と同じ数量のいらなくなったオフィスチェアを引き取る「同時引き取りサービス(要選択)」があるので、会社でのオフィスチェア一新の際の大量買いに非常にも適しています。

他のオフィス家具・用品と同時にまとめて購入したい人にもおすすめ!

 

LOHACO

LOHACOがASUKULとの違うところは、オフィス用品中心の品揃えではなく、オフィスチェアと一緒に日用品や食料、おしゃれな家具、パソコン、電化製品と身の回りにあるものは何でも取り扱っているのが特徴。

ASUKULと関連しているだけあってオフィスチェアの品揃えも充実しており、アーロンチェアやコンテッサなど有名モデルの購入ももちろん可能。

日用品の購入なども出来き、セールやクーポンなど女性に嬉しい普段使いに優れており、Tポイントが貯まりやすいで、ポイントの貯まっているYahooユーザーなら通常よりも安く購入する事が可能。

また、Yahooマネーも使えます。

オフィスチェアによっては1万円相当のポイントが貰えるものもあるので、LOHACOを日常的に利用する人や、デスクや、テレビ、照明器具など一式をまとめて購入したい方にもおすすめ。

こちらも3,240円以上の購入で送料無料なのでオフィスチェアを購入すればほぼ間違いなく送料はかかりません。

LOHACO公式サイト

Tポイントが貯まりやすいLOHACO(ロハコ)でお得にオフィスチェアを手に入れる方法!

2019年3月8日

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネットで購入する際のサイト選びも自分の使用目的や環境によって選択するサイトも変わってくると思いますので、

サイトに実際に飛んでみて、どの店舗の特色が自分に最も適しているのかを見極めてから購入するサイトを決定するのが良いかと思います。

特に地方在住者で試座出来ない環境にお住まいの方はオフィスチェア選びは中々難しい作業ですが、このサイトが少しでもオフィスチェアをネットで選ぶ際の助けに慣れれば幸いです。

スポンサーリンク