EXRACINGのゲーミングチェアは2万円以下のオススメ筆頭!安心の日本企画

スポンサーリンク




在宅ワークが広がり、ゲーム以外でも需要が高まっているゲーミングチェア。

 

この記事ではAmazonのゲーミングチェアランキングでベスト3にも入ったことのあるEXRACINGのゲーミングチェアをご紹介。

 

先に言っちゃうと、このEXRACINGの2万円以下のゲーミングチェアの中ではかなりオススメの一脚です。

 

というわけでどう言ったところがオススメなのか?

そのオススメの機能からデメリットまで解説していきたいと思います。

 

GTRACINGのゲーミングチェア「GT002」「GT099」をレビュー!評価は?

 

 

EXRACINGはここが凄い

まずは早速EXRACINGの特に優れたポイントから見て行ってみましょう。

 

日本企業開発で2万円を切る安さ!そして安心感

まず、EXRACINGの気になるお値段は以下の通り。

商品名 価格
EXRACING 19,800円

 

何と言っても驚くのが、日本企業による開発にも関わらず2万円を切るお値段を実現してしまったところでしょう。

 

日本メーカーというと、高品質ではあるけれどお値段が高いという印象を持っている人も多いかもしれませんが、EXRACINGのゲーミングチェアは中国メーカーの低価格ゲーミングチェアとタメを張れるくらいのお値段を実現。

さらに、万が一何かトラブルがあった時のカスタマースタッフも日本人なので、同じ低価格のゲーミングチェアでも安心感が全然違います。

 

※EXRACINGは実際にパーツは中国で製造しているようです、日本企画の中国製造のゲーミングチェアであると覚えておきましょう。

中国だけでこの安さを実現すると品質管理に不安が残りますが、日本企画なら工場が中国でも品質管理に口が出せます。

そういった意味でやはり安心感は全然違うと言えるでしょう。

 

 

 

サクラレビューが無い!

ゲーミングチェアを選ぶ上で悩まされるのがサクラレビューです。

ゲーミングチェアはパーツの殆どが中国による大量生産であること、そして中国メーカーが非常に多いこともあってAmazonの商品レビューには沢山のサクラレビューが混ざっており、良い意見があまり参考にならないことが多いです。

 

しかしながら、EXRACINGは日本企業により開発されているのでサクラがおらずAmazonページのレビューも非常に参考になります。

 

しっかりとした情報を得られるのはゲーミングチェアを選ぶ上で非常に大事なのでEXRACINGの強みと言えるでしょう。

 

 

高品質ウレタンを使用!

ゲーミングチェアを長く良い状態で使い続ける上で大事になってくるのがクッション材の耐久性です。

EXRACINGはクッション材に100%高品質ウレタンスポンジを使用と明記されています。

 

これって結構凄いことで、外国のメーカーだとクッション材の品質をしっかりと明記していないところが多いんです。

そう言ったところは大体、チップウレタン(リサイクルのウレタン)とウレタンのスポンジを半々で使っているところが殆どなのですが、日本開発によるEXRACINGはしっかりとそう言った品質について明記されているので安心して購入できるでしょう。

 

100%高品質ウレタンスポンジを使用しながら2万円以下で購入できるゲーミングチェアは恐らくEXRACING以外には無いでしょう。

 

高品質のパンチングPUレザーを使用

こちらも2万円以下のゲーミングチェアとしては非常に珍しい特徴です。

長時間ゲームをする上で気になるのがシートの蒸れですが、パンチングPUレザーは通常のシートと異なり、シートに穴が開けてあるので通気性が抜群。

通常のシートと比べて長時間座り続けても蒸れにくいようになっています。

通常より蒸れにくいために雑菌や体臭が染み付くのを防ぐなどシートにも優しいのも魅力。

 

 

 

そのほか基本的な機能

もちろんゲーミングチェアの基本的な機能もしっかりしています。

  • 深いリクライニング
  • 2Dアームレスト
  • ロッキング

 

深いリクライニング

リクライニングは165度まで可能。

ゆっくり仮眠をとるのにも十分な角度なんじゃ無いかと思います。

 

アームレスト(肘掛)は2D

EXRACINGのアームレスト(肘掛)は3Dアームレストと記載されていますが、上下昇降(1D)、そして角度調整(2D)の2方向への調整が可能な2Dアームレストになります。

しかしながら2万円以下で2Dアームレストなんですから十分凄いと思います。

 

ロッキング

着座したままLOCK/UNLOCKの切り替えが可能。

ロッキングの強弱も調節できます。

 

 

 

EXRACINGのデメリットは?

日本開発で褒められるポイントが沢山あるEXRACERですが、気になった点もありましたのでご紹介します。

 

最低座面高は高め

EXRACINGの最低座面高は47cmとやや高め。

身長が175cmある日本人の膝下の長さの平均が男女ともに47.8cmなので、これでも結構ギリギリのサイズと言えます。

その為、身長が175cm以下の人はもしかしたらフットレストなどが必要になるケースも考えられるでしょう。(あくまで平均なので175cm以下でも足の裏が届く場合もあります)

 

ネーミングはオリジナルティが欲しかった

個人的にちょっと残念だと思ったのがネーミング。

ゲーミングチェア業界の2大メーカーといっていいであろうDXRACERとAKRACINGを足したかのようなネーミングは少し手を出しづらい人もいるんじゃないかと思います。

2万円以下で日本企画というしっかりとした価値を生み出しているメーカーなので、そこで擦り寄らずに、もっとオリジナルなネーミングの方がいいのになって思いました。

 

 

購入するならAmazonがオススメ

EXRACINGを購入するならAmazonがオススメです。

楽天市場やYahoo!ショッピングにもありますが、Amazonが一番安くてわかりやすかと思います。

さらに、Amazonのセールで割引されることもあるので3つの中では一番お得と言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

ということでEXRACINGのゲーミングチェアをご紹介させていただきました。

まだまだ、認知度は低いメーカーですがコスパの良さはもちろんのこと、日本企画であることや、サポートスタッフが日本人でなので対応にストレスを感じにくいなどメリットが多いので、2万円以下では鉄板のゲーミングチェアになってくるんじゃないかと思います。

 

2万円以下でゲーミングチェアを購入したい人はぜひ候補に入れてみてください。

 

 

 

 

Bauhutte(バウヒュッテ)のゲーミングチェアRS-950RRをレビュー!信頼の日本メーカーの評価は?

ゲーミングチェアのおすすめ18選!2020年に購入するならコレで決まり!

2万円台で購入出来るおすすめオフィスチェア9選!機能も多彩!10万円台との違いは?

夏も安心!通気性の良いファブリックシートのゲーミングチェア6選!コスパも抜群!

スポンサーリンク