コクヨの「エントリー」をレビュー!リーズナブルな入門オフィスチェア

スポンサーリンク




在宅ワークなどで一般家庭にも需要が高まっているオフィスチェア。

 この記事では日本を代表するオフィス家具メーカーコクヨから発売されているENTRY(エントリー)をご紹介します。

 

 

 

あるわな君
エントリーはその名の通り、オフィスチェアの「入門」にぴったりなリーズナブルなオフィスチェア。

 

オフィスチェアとして必要な一通りの機能も持ち合わせながら2万円から3万円で購入できるのが魅力です。

 

見た目はシンプルながらどんな空間にも合わせられるメッシュチェア。

この値段帯でありがちな「デザインのやり過ぎ感」がないので、誰でも購入しやすく、馴染ませやすいオフィスチェアなんじゃないかと思います。

 

ということで、このエントリーの機能からその魅力までさらに詳しく解説していきたいと思います。

 

2万円台で購入出来るおすすめオフィスチェア9選!機能も多彩!10万円台との違いは?

 

 

エントリー(ENTRY)本体の性能・機能

 

あるわな君
まずはエントリー本体の性能、機能を解説していきたいと思います。

 

肘掛やヘッドレストについては後からオプションとして買い足せるようになっているので後程説明します。

 

エントリーのお値段

まずはエントリー本体のお値段を見てみましょう。

商品名 価格
コクヨ エントリー 19,890円〜24,330円

価格は本体のカラーと脚部の素材により1万円後半から2万円前半まで前後します。
※2020年5月時点での価格です。最新の価格は商品ページでご確認ください。

 

 

後程ご説明しますが、コクヨブランドでありながら、本体に後付けの肘掛やヘッドレストを買い足しても2万円後半〜3万円前半で購入出来てしまうコスパの良さがエントリーの魅力の一つです。

 

 

カラー

カラーはブラック、ブルー、グレーの3種類

ブラックとブルーのフレームは黒色、グレーのフレームはホワイトカラーになっています。

 

脚は樹脂とアルミから選べる

脚(ベース)は樹脂とアルミで選択することが可能なのでカラーと合わせて6つのバリエーションから選ぶことが可能。

多少お値段が高くなってしまいますが、2万円台で頑丈なアルミ脚を選べるのは嬉しいですね。

 

あるわな君
カラーと素材のお値段で若干のお値段の差はあるようです。

 

 

ランバーサポート

腰を支えるランバーサポートもしっかりと備わっています。

ランバーサポートは上下の位置調整の他に強度の調整まで可能。

 

あるわな君
このお値段で強度の調整ができるのはエントリーの強みの一つ。

 

 

 

座面の奥行き調整

エントリーは座面の奥行きを前後に調節することが可能。

自分にピッタリな座り心地を探ることができます。

 

あるわな君
この辺の機能が2万円台でもしっかり搭載されているのは、さすがコクヨといったところ。

 

 

座面、座面高

最低座面高は樹脂脚が41.5cmアルミ脚が40.5cmです。

身長155cmの日本人の膝下の長さの平均が40.1cmのため、両方とも身長が155cm以上あれば、問題なく脚の裏がしっかりと床までつくんじゃないかと思います。

※あくまで平均の長さなので155cm以上であっても脚の裏が届かない可能性もあります。

 

背もたれ

メッシュの背もたれは通気性がよく夏場でも蒸れることなく座り続けられるでしょう。

ロッキングの強弱の調整、初期位置での固定も可能。

 

あるわな君
リクライニングは浅めですが、しっかりとした座り心地を感じられれるでしょう。

 

 

保証期間は最長3年!

エントリーの保証期間は最長3年。

詳しくみてみましょう。

  • 外観、表面仕上げ/塗装および樹脂部品の変色、退色の摩耗は1年
  • 機構部、可動部/引き出し、スライド機構、扉の開閉、錠前、昇降機構などの故障は2年
  • 構造体/強度、構造体に関わる破損は3年 

このお値段帯だと、外国メーカーの保証期間は大体1年くらいなので、さすが日本有数のメーカーなだけありますね。

 

 

肘掛、ヘッドレストなどのオプションが買い足せる

コクヨのエントリーは、肘掛(アームレスト)やヘッドレストのオプションがばら売りされており、買い足して購入できるようになっています。

 

買い足しのメリットは、最初は肘掛やヘッドレストなしで使ってみて必要無かったら買い足さなくてもいいので、その分お安く購入できるところでしょう。

 

あるわな君
できるだけ安く買いたい人にオススメですね。

 

肘掛やヘッドレストが必要であれば買い足せば良いので、最初は予算が足りない人でも後からチェアを強化していくことが出来るわけです。

 

全部購入しても2万円後半から3万円前半に収まるので低価格オフィスチェアとしてはかなりお買い得です。

※カラーやベース(樹脂かアルミ)の素材により多少本体の価格が変動します。

 

肘掛(アームレスト)

 

 

商品名 価格
CRA-9011UD 3,889円〜

肘掛は可動式で上下の高さ調整が可能。

あれば肘を支えてくれるのでデスクワークやリラックスするときにかなり楽になります。

長時間のデスクワークが多い人は最低限欲しいところですね。

ブラック、ブルー専用カラーとグレー専用カラーがあります。

 

ヘッドレスト

 

 

商品名 価格
CRB-9000 3,333円〜

ヘッドレストは固定式。

頭を支えて安定させてくれるので首や肩が疲れたり凝りやすい人には必須のオプションでしょう

ブラック、ブルー専用カラーとグレー専用カラーがあります。

 

 

オプションとのまとめ買いも可能

エントリーは買い足せるところも魅力ですが、最初からオプション込みで購入したいという人のニーズにも対応しています。

 

本体単体での販売の他に、本体+稼働肘や、本体+稼働肘+ヘッドレストでも販売しているので自分のニーズに合わせて購入することが可能。

 

 

 

本体+稼働肘+ヘッドレストでも全て合わせて3万円前半から2万円後半で購入することができちゃうんです。

 

グレーカラーなんかはオプションの取り扱いが少ないようなので、まとめて購入した方が探す手間が省けて揃えやすいでしょう。

 

※カラーやベース(樹脂かアルミ)の素材により多少価格が変動します。

 

あるわな君
あらかじめまとめて購入できちゃうのは手っ取り早くて助かるね。

 

 

エントリーの口コミ、評判は?

コクヨエントリーの口コミをツイッターから集めてみました。

 

 

 

 

2019年に発売されたばかりのチェアなのでまだ一般への浸透はこれからといった感じですが、2〜3万円というお値段からイトーキのサリダと比較して悩んでいる人が多いように感じました。

 

このお値段帯のオフィスチェアで悩むのであれば、イトーキのサリダかオカムラのビラージュ、そしてこのコクヨのエントリーあたりがメーカーとしての信頼度も高いでしょう。

 

イトーキサリダYL8&YL9を比較レビュー!3万円台で購入できるオススメチェア

2万円以下でも買えるオカムラのオフィスチェア「ビラージュ」をレビュー!評判を紹介!

 

 

購入するならどこがオススメ?

エントリーに関してはAmazonにも楽天市場にも、Yahoo!ショッピングにも専用のショップページがあるのでそれらのショップの中で、特によく利用するところで購入するのがポイントなども利用できるのでオススメです。

 

あるわな君
ただ、サイトとしてぱっと見、分かりやすいのはAmazonかと思います。

 

 

 

まとめ

2〜3万円のお値段でオフィスチェアに必要な最低限の機能が一通り揃えられるリーズナブルさがエントリーの最大の魅力といっても良いでしょう。

 

オプションは徐々に買い足すことができるので、予算が足りない人でも順を追ってチェアを最適化していくことも可能なのも嬉しいところ。

 

コクヨを代表するまさにエントリー(入門)オフィスチェアとしてオススメできる一脚と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

イトーキサリダYL8&YL9を比較レビュー!3万円台で購入できるオススメチェア

イトーキのゲーミングチェア「クロスフォーカスチェア」は何処でも馴染む!【ITOKI】

ニトリのワークチェア エルゴクエストをレビュー!2万円台で買えてコスパも抜群!

2万円台で購入出来るおすすめオフィスチェア9選!機能も多彩!10万円台との違いは?

 

スポンサーリンク