イトーキサリダYL7・YL8・YL9を比較レビュー!3万円台で購入できるオススメチェア

スポンサーリンク




ヘッドレストなど、ある程度の機能が備わった快適なオフィスチェアが欲しいけど、10万円クラスのものには手が出せない。

出来れば4万円以内で購入したいんだけど…

そんなあなたのオフィスチェア(デスクチェア)選びの候補の一つに挙がってくるであろうオフィスチェアが、「イトーキ」から発売されているSALIDA(サリダ)です。


イトーキと言えば、オフィス家具を中心に様々なワークスタイルに適した商品を販売していることでお馴染みの日本のメーカー。

スピーナチェアやフリップフラップチェアといった10万円クラスの高品質オフィスチェアを生み出していることでも知られています。

この記事ではそんなイトーキから発売されている3万円クラスのオフィスチェア「サリダYL7」「サリダYL8」「サリダYL9」をピックアップ。

さらに新しく登場したゲーミングチェアタイプのサリダ「サリダYL9G」もご紹介します。

サリダシリーズ全てに実際に座ってみた体験を踏まえてサリダYL7とYL8、そしてサリダYL9のそれぞれの機能や、違いを比較、口コミ、評判など気になる点を解説していきたいと思います。


関連:イトーキのゲーミングチェア「クロスフォーカスチェア」は何処でも馴染む!【ITOKI】


サリダシリーズはイトーキの東京ショールームで試座できる

イトーキのショールーム

サリダシリーズに実際に座ってから購入したいと考える人もいるかもしれませんが、残念ながらサリダシリーズは実店舗で販売していないオンライン限定販売の製品になります。

ただしイトーキの東京ショールームであればサリダシリーズを全て試し座りすることが可能。

残念ながら他の県のショールームでは扱っていないようです。

個人でも予約が取れますからどうしても座ってから決めたい人は早めに予約を取って実際に試してみては?

参考オフィスチェアの試座に行こう。取扱い店舗や選び方をご紹介!

ショールームには行けそうにない人は是非この記事を参考にしてみてください。

※この記事の写真はイトーキ様の掲載許可を頂いて撮影しています。


サリダYL7・YL8・YL9を徹底比較レビュー

サリダのヘッドレスト付きタイプとして特に人気が高いのがサリダYL7サリダYL8、そしてサリダYL9の3種類。

サリダYL7


サリダYL9とYL8の正面画像
左がサリダYL9、右がYL8


では、これらのサリダの違いはなんなのか?

というわけで、サリダ3種類を実際に試し座りして比較。

サリダの魅力と、それぞれモデルの特徴を解説していきたいと思います。

まずはそれぞれの違いを表で見てみましょう。

商品名YL7YL8YL9
価格34,900円(税込)34,900円(税込)39,900円(税込)
ヘッドレスト高さ調節高さ・角度調節高さ・角度調節
肘掛上下昇降・角度調節上下昇降上下昇降
座面の硬さ柔らかめやや硬めやや硬め
座面奥行き調節不可
ロッキング自動調整ロッキング自動調整ロッキング自動調整ロッキング
張地(背面)メッシュ張りメッシュ張りエラストマー樹脂
脚部ガラス繊維強化ナイロンガラス繊維強化ナイロンアルミダイキャスト
ランバーサポートありありなし


可動式のヘッドレスト

首へのストレスを確実に軽減してくれるヘッドレストは、YL8とYL9は高さの調節&上下の首振りが可能。

サリダ椅子のヘッドレスト
サリダYL8
サリダYL9のヘッドレスト
YL9のヘッドレスト

フレームのデザインもほぼ一緒。

高さは7段階、上下の首振りは5段階の調節ができます。

ただし素材の違いもありメッシュのYL8は柔らかめ、樹脂のYL9は硬めのヘッドレストになっています。


一方、YL7のヘッドレストは高さ調節のみ可能。

メッシュなのでYL8に近い柔らかめのヘッドレストです。


可動式の肘掛(アームレスト)

サリダ椅子の肘掛

まず肘掛(アームレスト)は3モデルとも上下昇降可能なアジャスタブル肘。

YL8とYL9はデザインも同じものを使っていると思われ、自分の好みに9段階の細かな高さ調節が可能。


一方、YL7はさらにアームパッドの左右への角度調節も可能に。

ここはYL7の優れているポイントと言えるでしょう。

ちなみに、2021年からは肘掛の前後、左右、角度の調節が可能になったサリダYL9Gというタイプも登場しました(後ほど紹介します)。


座面の硬さ

YL8とYL9の座面の硬さはやや硬めで安定感のある座り心地。

サリダYL9の座面

座面の硬さに関してはYL8、9共にほぼ一緒。


一方でYL7は二つのモデルと比べると柔らかめの座面を採用しています。

3モデルとも身長175cm、体重およそ60kgの筆者では割と余裕を持って座ることができました。


自動調整ロッキング(固定も可能)

サリダYL8後ろ向き画像

このお値段で珍しいのが、操作不要な自動調整ロッキングができる点。

これは、座った人の体重を感知して自動でロッキングの強度が調整されるというもの。

この機能に関しては3モデルとも搭載しており、操作なしで最適な座り心地へと導いてくれます。

この値段帯だとロッキングの強度は一定のものも多いのですが、このお値段で搭載できるのはさすがイトーキといったところです。


座面の奥行き調整

サリダYL8の横向き画像

サリダYL8とYL9は座面を前後にスライドさせ奥行きを調整することで自分の体格に合わせた最適な座り心地を見つけることが可能。

座面の奥行きが合わない時点で椅子選びは失敗と言えるので座面の奥行き調節機能は本当に重要。

10万円クラスでは当たり前についている機能ですがサリダYL8とYL9にはしっかりと備わっています。

サリダYL7には奥行き調節機能は付いていないためここはYL8とYL9の優れているポイントと言えるでしょう。


張地(背面)

何と言っても座り心地に差が出てくるのがこの張地の部分です。

サリダYL7とYL8はメッシュ張りの背もたれを採用。

サリダYL8の背もたれ
サリダYL8


二つの素材の性質を比べると、サリダYL7とYL8で採用されているメッシュ張りの方が比較的メッシュの弾力のある座り心地を感じられるでしょう。

またメッシュなので通気性は抜群。

夏でも背中が群れにくく、快適に使うことができます。


一方のサリダYL9は網状に加工したエラストマー樹脂を採用。

サリダYL9はイトーキの10万円クラスのオフィスチェア「スピーナチェア」と同じエラストマー樹脂。

背もたれは網目状になっており、このお値段のチェアの中でもデザイン性が高め。

さらに通常のオフィスチェアのフレームと異なり、YL9の背もたれは「捻れる」のが特徴。

こんな感じで、背もたれの中心(腰周辺)は網目が細かいので硬め、外側に向けて網目が広くなるので柔軟性が感じられます。

スピーナチェア同様しっかり座っているときは比較的かっちりした座り心地ですが体のひねりのある動きに対しては柔軟性が感じられる造りになっています。

仕事の合間に体を左右に捻ってストレッチもできるので上半身が常に固定されている感じが薄いのがYL9の背もたれの魅力ですね。

網状なのでよく比較されますが、ハーマンミラーのセイルチェアよりはやや硬め。

セイルチェアは樹脂感が強いですが、サリダYL9はそれよりもややプラスチックっぽさがあるように感じました。

また、樹脂製のためお手入れはメッシュより簡単。

メッシュのように使用していく上でのヘタリが発生しないので、背もたれの掃除のしやすさや耐久性の面ではサリダYL9の方が優れています。

サリダYL8とサリダYL9の機能は殆ど一緒ですが、これらの素材の違いはヘッドレストの頭を支える柔らかさにも違いが出てきます。

ヘッドレストに関してはメッシュのYL7とYL8は柔らかめ、樹脂製のYL9はやや硬めのサポート感でした。


ランバーサポート

サリダYL7とYL8はランバーサポートを搭載。

弾力のあるメッシュなので後ろから腰部をしっかりと支えることができるようになっています。

サリダYL8のランバーサポート

YL8のランバーサポートは6段階の高さ調節が可能なので使う人に適した腰の高さを的確にサポートしてくれます。

一方のサリダYL9にはランバーサポートはついていませんが、腰に近くなるにつれエラストマー樹脂の網目の密度を細かくすることで硬さを生み出しランバーサポートの代わりを果たしています。


脚部

体重を支えるベースとなる脚部はサリダYL7とYL8がガラス繊維強化ナイロンを使用。

サリダYL8の脚部


一方のサリダYL9はアルミダイキャストを使用しています。

サリダYL9の脚部

この点ではサリダYL7とYL8の黒い脚もお洒落ですが、耐久性ではアルミ脚のサリダYL9の方が上と言えるでしょう。


価格

ということで、ここまでご紹介してきた使用している素材や技術(背もたれの網目など)の違いから機能は殆ど同じでも価格に差が出てきます。

商品名YL7YL8YL9
価格34,900円(税込)34,900円(税込)39,900円(税込)

エストラマー樹脂の背もたれは技術的に作れるメーカーが少ないのでお値段が若干高くなってしまうのは仕方がないことと言えますね。


追記:2021年11月26日〜12月3日(金)までブラックフライデーセールが開催!

サリダYL9、YL8、YL7のサリダシリーズがセール価格で販売されておりいつもよりお得に購入できます。

在庫がなくなり次第早期に終了する可能性もありますので、このお得な機会に是非手に入れてみてはいかがでしょうか?

※カラーによってはセールになっていないものもありますのでご注意ください。





ゲーミングチェアタイプのサリダYL9Gが登場

2021年からはサリダYL9のゲーミングチェア版であるサリダYL9Gが登場しました。

見た目はほとんど変わりありませんが、ゲーミングチェアを意識してか赤い差し色が施されているのが印象的。


カラーはブラック×レッドホワイト×レッドの2色展開。

そこまでゲーミングチェアっぽさは無いので在宅ワーク用として選ぶのも全然ありだと思いました。

YL9とYL9Gの違いについてみてみましょう。


YL9GとYL9との違い、比較

サリダYL9GとYL9
左がサリダYL9G、右がYL9

カラーリング以外で標準モデルであるYL9とゲーミングモデルであるYL9Gの大きく異なるポイントは以下の2点。

  • 上下・前後・左右・角度の調節が可能な肘掛(アームレスト)
  • より柔らかくなった座面クッション


最も大きな違いは調整箇所が大きく増えたアームレスト。

サリダYL9Gの肘掛

YL9が上下昇降だけだったのに対し、YL9Gではさらにパッド部分の前後・左右・角度という細かい調節が可能に。

このおかげでゲームや仕事をする際により細かな位置調整ができます。

また、YL9Gは長時間のゲームプレイを想定して標準モデルのYL9よりもクッションが柔らかくなっています。

サリダYL9Gの座面

実際に座り比べてみましたがはっきりわかるほど柔らかさには違いがあります。

YL8もYL9もやや硬めの座面なので柔らかい座面のサリダを探している人はYL9Gを検討してみるもの良いでしょう。

YL9Gの価格は42,900円(税込)と、やや高くなってしまうものの、+3,000円で便利な4Dアームレストが付けられることを考えるとオフィスチェアとして考えても中々お値打ちだと思いました。

腕周りをより便利にしたい人、より柔らかい座面に魅力を感じる人はYL9Gを検討してみては?

 


機能はさらにシンプルでいい方にはYL6がオススメ

ちなみにサリダにはYL9をかなりシンプルにしたようなサリダYL6というモデルも発売されています。

サリダYL6


肘掛やヘッドレストなどを省いた必要最低限の機能のオフィスチェアですが、イトーキということもあり作りには安心感があります。

背もたれはYL9のような樹脂を使用、ハーマンミラーのセイルチェアを想起させるようなデザイン。

ただ。座る前はYL9のような背もたれなんじゃないかと思ってましたが実際に座るとYL9よりも硬めでよりプラスチック感があり柔軟性もほぼありません。

肘掛はついておらず必要最低限といった感じ。

スタイリッシュでお手入れ簡単なところが魅力的です。

シンプルなチェアが欲しい人はもちろん、セイルチェアのデザインが気に入っていて欲しいけどお値段的に手が出せないって人にはデザイン的にも影響を受けているYL6がオススメですよ。


追記:2021年11月26日〜12月3日(金)までブラックフライデーセールが開催!

サリダYL6もセール価格で販売されておりお得に購入できます。

在庫がなくなり次第早期に終了する可能性もありますので、このお得な機会に是非手に入れてみてはいかがでしょうか?


サリダの口コミ・評判

お次はサリダYL8とサリダYL9の口コミをツイッターから集めてみました。



イトーキ製品が3万円台で購入できるということで注目している人も多いようですね!

テレワークで予算的にギリギリ購入できる額の椅子としてサリダを選んだ人もいるようです。


サリダは組み立て式

サリダがここまでお値段を抑えられている理由の一つとして、購入してから自分で組み立てる「組み立て式」であることが挙げられます。

重量があるのは少し大変ですが、細かいパーツの組み立てはないので比較的簡単にできるでしょう。

女性はできれば二人くらいで組み立てるのがオススメです。


サリダはコストパフォーマンスに優れたモデル(まとめ)

サリダの魅力は何と言ってもコスパの良さにあります。

最近ではテレワークをやる人が増え始めていますが、流石に10万は出せないという人も多いことでしょう。

そんな時に、サリダは一通り機能を備えながら3万円台で購入できるので素晴らしい選択肢になるんじゃないかと思います。

背もたれはメッシュが良かったりランバーサポートが欲しい場合はサリダYL8の方がオススメ。

一方、お手入れの簡単さだったり、より耐久性を求めるのであればサリダYL9がオススメです。

最後に、サリダとは「旅立ち」という意味があります。

新しい生活への旅立ちのスタートアップに是非サリダを選んでみては?





関連:イトーキのゲーミングチェア「クロスフォーカスチェア」は何処でも馴染む!【ITOKI】

関連:2万円台で購入出来るおすすめオフィスチェア9選!機能も多彩!10万円台との違いは?

スポンサーリンク