Ticovaのオフィスチェアをレビュー。機能やデメリット、どんな人にオススメ?

スポンサーリンク




2万円台で充実した機能のオフィスチェアが欲しい。

予算との兼ね合いでこんな風に考える人はかなり多いんじゃないかと思います。

 

この記事でご紹介するのはAmazonで大人気のTicovaのオフィスチェア

 


Amazonのオフィスチェアランキングで頻繁にトップ10に入る程よく売れているチェアです。

という事で、このTicovaのオフィスチェアのお値段から、機能・魅力やデメリット、どんな人にオススメかまで解説していきたいと思います。

 

 

2万円台で購入出来るおすすめオフィスチェア9選!機能も多彩!10万円台との違いは?

E-WINの2019年シリーズ「D9」は2万円台のゲーミングチェアで一番おすすめ!レビュー

 

 

Ticovaのお値段

まずはTicovaのお値段を見てみましょう。

商品名 価格
Ticova 25,980円

2020年6月時点のお値段になります。最新の価格はAmazonの商品ページでご確認ください。

 

あるわな君
このくらいのお値段までなら何とか出せるって人も多いのでは?

 

 

機能と魅力的なポイント

続いてTicovaの機能と魅力的なポイントをみてみましょう。

 

人間工学に基づいて生み出されたこのTicovaですが特に特徴的な4つのポイントをご紹介します。

 

ランバーサポート

人間工学に基づき開発されたというTicova最大の魅力は

やはりこの独立したランバーサポートでしょう。

独立したランバーサポートを上下させることで自分の背もたれのS字部分のちょうど気持ち居場所に当てることができるという機能。(明らかにエルゴヒューマンの影響を受けてますが…)

 

あるわな君
しかしながら、この機能を25,000円で実現してしまうところが中国製品のすごいところですね。

 

ちなみに、Ticovaにはランバーサポートが独立していない背もたれ一体タイプのものもあり、お値段は28,980円と、こちらの方が高いようです。(2020年6月時点のお値段です)

2020年10月13日〜10月14日にかけて行なわれているAmazonプライムデー対象商品です。

 

 

座面が広い

好印象なのは座面の広さ。

52cmもあるのでゆとりを持ってストレスなく座ることができるでしょう。

女性なら胡座もかけちゃいそうですね。(胡座自体、姿勢と椅子に負担をかけるのであまりお勧めはしませんが…)

 

あるわな君
ゆとりのある座面は落ち着くよね。

 

ヘッドレストの調整が可能

ヘッドレストは高さと角度の調節が可能。

日本製だとこのお値段でヘッドレストが調節できるものは中々ないので、これも中国製のメリットといえるでしょう。

 

あるわな君
最適なポイントで頭をサポートしてくれるよ!

 

 

上下調節可能なアームレスト

アームレストは高さ調整が可能。

パッドの部分は腕が置きやすいように適度に曲線が付いているところは好印象です。

 

 


これだけの機能を備えながら、中国のパーツの大量生産によりコストを下げ魅力的な価格を実現。

それ故に、耐久性やパーツごとの品質などはエルゴヒューマンなどの高級モデルと比べると劣るでしょう。

 

耐久性や品質に関してはお値段相当だと思いますが、お手入れを頻繁にするなど、大切に使ってあげる事でより長く利用することができるでしょう。

 

あるわな君
低価格で機能にこだわりたい人向けってことだね。

 

 

デメリットは?

中国製品と聞いて気になるのはサクラレビュー。

サクラレビューを判定するサイト「サクラチェッカー」ではTicovaのオフィスチェアはサクラなしの「合格」となっています。

しかしながら、レビューを見た感じだとおかしな日本語のレビューもいくつか見受けられるのでサクラレビューはあると思います。

 

ただし、しっかりした日本のレビューもありますから惑わされずに購入ユーザーのレビューを参考にしてみてください。

 

 

あと、機能に関しては充実しているのですが、大量生産故に初期不良が出やすいのもこの商品に限らず中国製オフィスチェアの特徴。

ネジ穴が曲がっている、部品の欠品などといったトラブルも少なからず起こっているようなので「最悪返品交換してもらう可能性もある」ということは頭に入れて購入した方が良いでしょう。

 

ただ問題なく組み立てられた人は比較的満足して使用している人が多いようです。

 

あるわな君
この辺はコスパ重視ならではの問題と言えるね。

 

 

テレワークなど一定期間使う人にオススメです。

問い合わせ

丁寧に使えば思ったよりも長く使い続けられることも十分に考えられますが、2万円クラスのオフィスチェアの場合は10万円前後のオフィスチェアと比べるとやや耐久性に不安が残ります。

 

そのため個人的には、テレワークや、家での勉強、大学の4年間だけ使うなど、一時的な在宅勤務、学習でオフィスチェアが必要になった時にちょうどいいオフィスチェアなんじゃないかと思います。

 

あるわな君
機能性には富んでいるので、期間を想定して割り切って使うことでより気軽に充実したコスパを実感できるでしょう。

 

まとめ

と言う訳で、Ticovaのオフィスチェアをご紹介させたいただきました。

25,000円というお値段で最低限オフィスチェアとしての機能を充実させたいのであれば、Ticovaのオフィスチェアはアリな選択肢なんじゃないかと思います。

 

購入後の初期不良などハズレを引くことが無ければきっと想像以上のコスパを感じられるはずです。

 

 



2万円台で購入出来るおすすめオフィスチェア9選!機能も多彩!10万円台との違いは?

HBADAのオフィスチェアをレビュー!評判やデメリットまで解説!

2万円以下でも買えるオカムラのオフィスチェア「ビラージュ」をレビュー!評判を紹介!

ニトリのワークチェア エルゴクエストがスゴい!2万円台で買えてコスパも抜群!

スポンサーリンク