【隙無し?】最も高機能なエルゴヒューマンプロを徹底レビュー!ベーシックとの違いは?

スポンサーリンク




今回紹介するのはキムタクや小栗旬などの出演しているドラマなどでも引っ張りだこのオフィスチェア、

エルゴヒューマン(株式会社 関家具)の生み出したエルゴヒューマンプロです。

 

人間工学により生み出された独自の技術である「独立したランバーサポート」に、

気の利いた細かな調整機能は、「座ると腰や肩が痛い」なんて人は注目してみる価値ありです。

というわけで、このエルゴヒューマンプロの特徴やおすすめしたいところ、座ってみた感想などを紹介します。

 

エルゴヒューマンプロの特徴

まずは特徴に付いてまとめてみました。

関家具/エルゴヒューマンプロ(ヘッドレスト付きの場合)
サイズ  W655×D655×H1160~1300mm/SH460~550mm
本体重量  28.3 Kg
最大97%再資源化が可能

 

エルゴノミクスチェアなので一般のオフィスチェアより長時間座っても疲れにくい快適性があるのはもちろんなんですが、他にも人間工学に特化した調整機能に優れた高級オフィスチェアがたくさんある中、

あえてエルゴヒューマンプロを購入する人が多い理由は大きく分けて3つあります。

それが独立した独立したランバーサポートとハブリットレバーそして前傾チルト機能です。

 

独立したランバーサポート


(amazon.co.jpより)

エルゴヒューマン独自の個性的な特徴してあげられるのがこの独立したランバーサポートでしょう。

ランバーサポートは座った状態の時に、背中を背骨の理想的な「S 字カーブ」に近づけて負担を減らすための機能です。

他のほとんどの高級オフィスチェアが背もたれが一体式になっているのに対し、

このエルゴヒューマンProはランバーサポートが独立しており、

より確実に使用者にあった腰の高さや反り具合いへのサポートを可能にしています。

 

ハイブリットレバー


出典:ergohuman.jpより

エルゴヒューマンプロの調整レバーはなんと一つだけ。

この一つのレバーで座面の高さ調整、リクライニング、座面ロックと背中のテンション調整が可能になっており

それら全てが座りながら行う事が出来ます。

またレバーが一つだけになった事で座面の下がごちゃごちゃせずスッキリした印象になりました。

 

プロだけ!前傾姿勢にも対応

エルゴヒューマンプロには執筆や勉強、ノートパソコンなど前のめりになって作業する人にはピッタリの前傾チルト機能が新しく搭載されており前傾、後傾どちらとしても使うことが出来ます。

座面後方部を20mm幅で昇降調節が可能なところも他のベーシック、エンジョイ、スマートにはついていないエルゴヒューマンプロならではの調整機能です。

 

エルゴヒューマンプロの機能紹介

  • 独立型ランバーサポート
  • 上下昇降(ガス圧式)
  • 座面の奥行き調整
  • リクライニング固定
  • リクライニングの範囲設定
  • リクライニングの硬さ調節
  • アームの高さ調節
  • アーム角度調節
  • バックシート高さ調整
  • 前傾チルト設定

 

 

エルゴヒューマンプロの操作方法に関しましてはこちらの動画で詳しく説明にしていますので

参考にしてみてください。

[関家具/エルゴヒューマン]プロ機能説明
株式会社 関家具より

 

実際に座ってみた感想

というわけで実際に試座してみました。

長時間使った上での意見ではなく、数分座って機能に触れてみた感想なのであしからず、

(参考:身長170前半、体重65kg)

 

見た目

エルゴヒューマンのオフィスチェアはいかにも

「これは高機能オフィスチェアです」と言っているような雰囲気が特徴ですね。

曲線美が美しいアルミボディをフレームに採用しているのでエルゴヒューマンの他のモデルより高級感があります。

枠が黒でメッシュの色も横に黒が混ざっているので男性的な印象も強いですね。

ランバーサポートが独立しているせいなのか、どこか開き直っているような感じの見た目が逆に清々しい感じすらします。

その点はゲームをする人の為に作り込まれたゲーミングチェアに通じるところがあるかもしれません。

 

座り心地

エルゴヒューマンProはやたらとテレビドラマに登場したり、動画サイトとかでもやたらとおすすめされているイメージがあったので少し敬遠していたのですが、

試座した印象は結構快適で良かったです。

腰のランバーサポートも独立タイプは珍しかったので警戒していましたが、

個人的には硬い圧迫を受けているような嫌な感じがしませんでしたし調整が利くので思いのほか好印象でした。

エルゴヒューマンエンジョイも試してみましたが、そちらと比べるとプロの方がしっかりと腰を支えている感じで、エンジョイの方がよりソフトに支えている印象を受けました。

エルゴヒューマンエンジョイのレビューは下記の記事を参考にしてみてください。

エルゴヒューマン エンジョイをレビュー!高級オフィスチェアの入門としておすすめ!

 

メッシュの座面はお尻の後方は沈んでいますし高さも調整出来るので通気性も良く蒸れないですし、お尻が滑る事もないでしょう。

 

ベーシックなど、他のモデルとの違い

ヘッドレストはエルゴヒューマンベーシックより4cmも高くなっているより、より高身長な方にもおすすめ。

個人的に高評価だったのは、前傾チルト機能が付き前傾姿勢に対応しているところ、

前傾でも後傾姿勢でも快適に利用出来る、まさにプロ仕様といった感じですね。

 

というわけで、背部のアルミフレーム、高くなったヘッドレスト、前傾チルト機能こそが他のエルゴヒューマンのモデルには無いプロだけの特権です。

高級オフィスチェアで前傾姿勢にも対応したタイプでヘッドレスト付き、しかもヘッドレストが調整可能のオフィスチェアってかなり珍しいので前傾対応+ヘッドレストが条件の人は候補にいれるべきオフィスチェアと言えるでしょう。

 

 

注意すべき点

レビューなどをみると、155cmの小柄な女性だとヘッドレストが合わなかったという報告を数件目にしました。

エルゴヒューマンの床から座面までの高さは46cmと、他のオフィスチェアと比べると高め。

46cmというと、日本人男性の平均身長(170.6cm)の平均の膝下の長さ(46.7cm)に近いので、170cm以下の人や、膝下が46cm以下の人は地面に足の裏がしっかりと届かない可能性があります。

そのため、身長が170cm以下の人は購入前に試座して脚の裏がしっかりと床に着くか確認しておいた方がいいかもしれません。

脚が届かない人は、フットレストを同時購入するという手もあるでしょう。

 

また、30kgくらいある非常に重いチェアなのでフローリング上でご使用する際には、かならず傷防止の為マットやカーペットを敷いて使用した方が良いでしょう。

 

まとめ

エルゴヒューマンプロはこんな人におすすめ

というわけでエルゴヒューマンプロはこんな方におすすめです。

  • 腰に優しいオフスチェアを探している人
  • 前傾姿勢でも後傾姿勢でも利用したい人
  • ヘッドレスト付きのオフィスチェアを探している人
  • 一日の殆んどを座って過ごしている人
  • 簡単な調節機能を求めている人
  • いかにも高機能そうなデザインに魅力を感じる人

 

ちなみにエルゴヒューマンプロにはリラックスして休憩したい人の為にオットマン(足置き)を内蔵したタイプもあります。(こちらは未体験)

 

 

オットマンがついていると足をのばしながら休憩をする事が出来ますし、足を伸ばしている時は太腿を圧迫しないので血流の悪化を防ぐ事も出来ます。

オットマン付きならゲーミングチェアを買おうか悩んでいる人にも適しているかもしれませんね。

 

座ってみるまでは少し侮っていたエルゴヒューマンプロでしたが、一転好印象のオフィスチェアとなりました。

もう少しソフトな可愛らしい見た目や(枠やアームレストを黒から白にするとか)女性受けしそうな色のモデルが発売されたらもっと人気が出そうですね。

ただ、それをあえてやらないのがエルゴヒューマンなのかもしれません…

独立したランバーサポートや便利な調整レバーなど独自の技術を使っているのでこのチェアが一番と言う人もいることでしょう。

というわけでエルゴヒューマンプロの購入に迷っている人の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク